footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:コパアメリカ/グループリーグ最終戦 エクアドル代表【編集長の考察】

日本とエクアドル、勝った方が決勝トーナメント進出が決まるということもあり、序盤から主導権の奪い合いが展開される。 立ち上がりは、エクアドルが前からプレッシャーをかけてきていたので日本は少し後手に回った印象。チリ、ウルグアイの時のような良い入…

サッカー日本代表:コパアメリカ/グループリーグ第2戦 ウルグアイ代表【編集長の考察】

ウルグアイを相手に引き分けに終わったが、勝ちに等しい結果だと思っている。 グループ3位まで決勝トーナメント進出の可能性があるレギュレーションの中で、勝ち点1を獲得したことに満足している。 試合は、日本が先制し、ウルグアイが追いつく。日本が勝ち…

サッカー日本代表:コパアメリカ/グループリーグ初戦 チリ代表【編集長の考察】

東京五輪世代が中心なので3バックを予想していたが、4バックは予想外だった。 チリが4-3-3で来ることは事前に公表されていたのもあり、3バックでは厳しいと判断したのかもしれない。 前半から一方的に攻め込まれる展開も頭を過ったが、開始15分は互角の戦い…

サッカー日本代表:2019年6月の国際親善試合【総評】

トリニダード・トバゴ選手はスコアレスの引き分け。 エルサルバドル戦は2対0で勝利したとはいえ、個人的には2試合を通じて消化不良に感じた時間帯の方が多い試合でした。 3バックということでサイドをワイドに使って攻撃的にいける一方で、空いたウラのスペ…

サッカー日本代表:国際親善試合/エルサルバドル戦マッチレポート

永井選手の2ゴールで、トリニダード・トバゴ戦での消化不良が少しだけ解消された。 どんな形であれ、サッカーはゴールを決めなければ勝てない。 しかも流れの中からの2ゴールは大きく評価して良いと考えている。 ロンドン五輪での活躍もあってフル代表にも絡…

サッカー日本代表:国際親善試合/トリニダード・トバゴ戦マッチレポート

結論からいえば、退屈な試合だった。 良いメンバーは招集出来たのに、内容は2022カタールW杯アジア予選を勝ち上がれるか不安になるものだった。 この試合、守備のピンチは2,3回ほど。 カウンターから決定機を作られたり、マークのズレからピンチを招いたく…

サッカー日本代表:国際親善試合[2019.06]事前準備

6月5日(水)トリニダード・トバゴ代表、6月9日(日)エルサルバドル代表と対戦する日本代表メンバーは発表されていたが、この2試合で着用する各選手ユニフォームの背番号も決定した。 ◆招集メンバー[背番号込み]※選手名敬称略 [GK] 1.川島永嗣(ストラスブ…

【編集長考察】2018ロシアW杯までに世界レベルに持っていけなかったハリルジャパン

先日、フランスのトゥールーズに行ってきた。 フランス リーグ・アン(第37節)/トゥールーズ対マルセイユを現地観戦するためだ。 昌子源選手と酒井宏樹選手の日本人対決にも注目だったが、2016EURO準優勝、2018ロシアW杯優勝と近年の復権に成功したフランスの…

【現地観戦記】フランス リーグ・アン/トゥールーズ対マルセイユ

フランス リーグ・アン(第37節)トゥールーズ対マルセイユを現地観戦してきました。 昌子源選手と酒井宏樹選手の日本人対決となった一戦です! footballnote.jp footballnote.jp footballnote.jp 全部で3部作になっていますので、読んでみてください。

サッカー日本代表:2019コパ・アメリカ招集メンバー発表

招待国として参加する2019年コパ・アメリカの招集メンバーが発表された。 【日本代表招集メンバー】※選手名敬称略。 [GK]川島永嗣(ストラスブルク/フランス)小島亨介(大分トリニータ)大迫敬介(サンフレッチェ広島) [DF]植田直通(セルクル・ブルージュ…

サッカー日本代表:国際親善試合メンバー発表[2019.06]

6月5日(水)にトリニダード・トバゴ代表、6月9日(日)にエルサルバドル代表と対戦する日本代表メンバーが発表された。 【日本代表招集メンバー】 ※選手名敬称略 [GK]川島永嗣(ストラスブルク/フランス)権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)シュミッ…

ハリルホジッチ氏、訴訟を取り下げる

元日本代表監督であるハリルホジッチ氏が日本サッカー協会に対して訴訟を起こしていたが、2019年4月10日に訴訟を取り下げたと報道があった。 「日本サッカー協会の田嶋幸三会長と日本サッカー協会に慰謝料1円と謝罪広告を求める」といった訴訟内容だったこと…

サッカー日本代表:国際親善試合/ボリビア戦[2019.03.26]

◆マッチレビュー日本代表 1-0 ボリビア代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:ノエビアスタジアム神戸観客数 :28,133人天候 :曇り気温 :16.0℃湿度 :43% ◆日本代表のフォーメーション()内は交代出場した選手 フォーメーション:4-2-3-1=======…

サッカー日本代表:国際親善試合/コロンビア戦[2019.03.22]

【マッチレビュー】日本代表 0-1 コロンビア代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:日産スタジアム観客数 :63,302人天候 :曇り気温 :15.3℃湿度 :20% 【日本代表のフォーメーション】()内は交代出場した選手 フォーメーション:4-2-3-1=======…

サッカーU-22日本代表:AFC U-23選手権タイ2020予選 招集メンバー

AFC U-23選手権タイ2020予選に臨む、U-22日本代表メンバーが発表された。 2020東京オリンピック世代のプレーにも注目したい。 本来ならば、森保監督が指揮を執るのだがA代表の日程と被っているため、横内氏が監督代行を務めることになっている。 ◆招集メンバ…

サッカー日本代表:国際親善試合メンバー発表[2019.03]

アジアカップ2019を準優勝で終えた日本代表。 2019年6月に招待国での参加が決まっている南米選手権(コパアメリカ)に向けて、再始動となる今回の代表ウィークでは、3月22日にコロンビア代表、3月26日にボリビア代表と対戦することになっている。 この2試合…

5バックをどう崩すのか?

5バックは本来、日本代表が強豪国(ブラジル、ドイツ、フランス、スペインなど)とW杯で対戦する時に採用してもらいたいフォーメーションの1つだ。 しかし、日本人の文化に根付いている「スポーツマンシップに則り、正々堂々と戦う」という信念が邪魔をする…

Jリーグ2019シーズン開幕に想うこと

2019シーズンのJリーグが開幕した! 開幕戦はセレッソ大阪対ヴィッセル神戸。 イニエスタ、ポドルスキ、ビジャのワールドクラス3選手を揃えるヴィッセルがどんなサッカーを見せてくれるのか、注目度抜群の開幕ゲームとなった。 FC東京の久保建英選手は昨シー…

コパアメリカ:大迫勇也欠場濃厚!?

2019年6月、ブラジルで開催されるコパアメリカ(南米選手権)に日本代表が招待国として出場することになっている。 グループリーグで、チリ、ウルグアイ、エクアドルとの対戦が決定! あとはどういったメンバー構成になるのか気になるが、実は大きな問題が立…

VAR時代における審判の判定基準

テクノロジーの進化と共に、サッカーの審判補助システムも増えてきた。 現在その代表格といえるのは「VAR」だ VARとはビデオ・アシスタント・レフリーのこと。 主審を助ける副審のような位置づけだが、VARの使用を決めるかどうかは主審の裁量による。 ※VARが…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/決勝トーナメント総括

日本代表は、アジアカップを準優勝で終えた。 決勝まで進んだ時の日本代表の戦績が勝率100%ということで、筆者としても心にどこか余裕を持ってしまっていたのかもしれない。 対戦相手がカタールに決まり、元日本代表監督でもあるザッケローニ氏が率いる開催…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【決勝】カタール戦総評

決勝までたどり着いた日本代表。決勝の手はカタールに決まった。 日本はアジアカップで決勝まで進んだ時の勝率はここまで100%だったので、イラン戦のような戦い方が出来れば大丈夫だと思っていたが、勝負の世界は簡単なものではなかった。 ◆マッチレビュー…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【準決勝】イラン戦総評

いよいよ準決勝。相手はイラン。 準々決勝で韓国とオーストラリアが敗退したため、事実上の決勝戦といわれているが、個人的にもそう思う。 【マッチレビュー】<決勝トーナメント/準決勝>日本代表 3-0 イラン代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:ハッ…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【準々決勝】ベトナム戦総評

準々決勝はベトナムと対戦。 日本から見れば格下の相手になるが、サッカーには絶対がないので何が起こるかわからない。 ヨルダンを破った勢いには注意が必要だが、なぜ試合前から「日本が負けるかもしれない」というネガティブキャンペーンに付き合わなけれ…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【ラウンド16】サウジアラビア戦総評

グループリーグを1位で通過した日本代表。 決勝トーナメント1回戦ではサウジアラビアと対戦する。 正直、このカードが1回戦から実現するとは考えていなかった。 負けたら終わりの決勝トーナメントで求められるのは、内容よりも勝つことだけだ。 【マッチレビ…

アジアカップ2019:日本代表のグループリーグでの戦いを振り返る

グループリーグは3連勝で首位通過を決めた日本代表。 結果だけ見れば前評判通りだが、内容は決して褒められたものではない。 ロシアW杯後に、森保一監督が就任し新体制がスタートした。 それからの日本代表は国際親善試合でホーム開催とはいえ、あのウルグ…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/ウズベキスタン戦総評

トルクメニスタン、オマーンに連勝で決勝トーナメント進出は決定している日本代表。2戦を終えた時点では得失点差でウズベキスタンがグループ1位に立っていた。 日本代表がグループ1位で突破するには、勝利が絶対条件となる。 【マッチレビュー】 日本代表 2-…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/オマーン戦総評 

トルクメニスタンになんとか勝利して勝ち点3を得た日本。 オマーンに勝利するとほぼ決勝トーナメント進出は決まるが、果たして…。 ◆マッチレビュー 日本代表 1-0 オマーン代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:ザイード スポーツ シティ スタジアム観客…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/トルクメニスタン戦総評

いよいよ日本代表の初戦を迎える。 ロシアW杯後、新体制となってからの日本代表は国際親善試合では好調だったが、初の公式戦となる大会でどのような戦いを見せてくれるのだろうか。 ◆マッチレビュー 日本代表 3-2 トルクメニスタン代表 <スタジアム/現地情…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/初戦を前に激震が走る

アジアカップ開幕戦を迎えた5日、日本代表に激震が走った。 中島翔哉選手と守田英正選手が負傷のため離脱。 乾貴士選手、塩谷司選手を緊急招集することになった。 中島選手と守田選手の負傷離脱は残念だが、初戦を前にした緊急事態に、乾選手と塩谷選手を追…