footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

コパアメリカ:大迫勇也欠場濃厚!?

2019年6月、ブラジルで開催されるコパアメリカ(南米選手権)に日本代表が招待国として出場することになっている。 グループリーグで、チリ、ウルグアイ、エクアドルとの対戦が決定! あとはどういったメンバー構成になるのか気になるが、実は大きな問題が立…

VAR時代における審判の判定基準

テクノロジーの進化と共に、サッカーの審判補助システムも増えてきた。 現在その代表格といえるのは「VAR」だ VARとはビデオ・アシスタント・レフリーのこと。 主審を助ける副審のような位置づけだが、VARの使用を決めるかどうかは主審の裁量による。 ※VARが…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/決勝トーナメント総括

日本代表は、アジアカップを準優勝で終えた。 決勝まで進んだ時の日本代表の戦績が勝率100%ということで、筆者としても心にどこか余裕を持ってしまっていたのかもしれない。 対戦相手がカタールに決まり、元日本代表監督でもあるザッケローニ氏が率いる開催…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【決勝】カタール戦総評

決勝までたどり着いた日本代表。決勝の手はカタールに決まった。 日本はアジアカップで決勝まで進んだ時の勝率はここまで100%だったので、イラン戦のような戦い方が出来れば大丈夫だと思っていたが、勝負の世界は簡単なものではなかった。 ◆マッチレビュー…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【準決勝】イラン戦総評

いよいよ準決勝。相手はイラン。 準々決勝で韓国とオーストラリアが敗退したため、事実上の決勝戦といわれているが、個人的にもそう思う。 【マッチレビュー】<決勝トーナメント/準決勝>日本代表 3-0 イラン代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:ハッ…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【準々決勝】ベトナム戦総評

準々決勝はベトナムと対戦。 日本から見れば格下の相手になるが、サッカーには絶対がないので何が起こるかわからない。 ヨルダンを破った勢いには注意が必要だが、なぜ試合前から「日本が負けるかもしれない」というネガティブキャンペーンに付き合わなけれ…

サッカー日本代表:アジアカップ2019【ラウンド16】サウジアラビア戦総評

グループリーグを1位で通過した日本代表。 決勝トーナメント1回戦ではサウジアラビアと対戦する。 正直、このカードが1回戦から実現するとは考えていなかった。 負けたら終わりの決勝トーナメントで求められるのは、内容よりも勝つことだけだ。 【マッチレビ…

アジアカップ2019:日本代表のグループリーグでの戦いを振り返る

グループリーグは3連勝で首位通過を決めた日本代表。 結果だけ見れば前評判通りだが、内容は決して褒められたものではない。 ロシアW杯後に、森保一監督が就任し新体制がスタートした。 それからの日本代表は国際親善試合でホーム開催とはいえ、あのウルグ…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/ウズベキスタン戦総評

トルクメニスタン、オマーンに連勝で決勝トーナメント進出は決定している日本代表。2戦を終えた時点では得失点差でウズベキスタンがグループ1位に立っていた。 日本代表がグループ1位で突破するには、勝利が絶対条件となる。 【マッチレビュー】 日本代表 2-…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/オマーン戦総評 

トルクメニスタンになんとか勝利して勝ち点3を得た日本。 オマーンに勝利するとほぼ決勝トーナメント進出は決まるが、果たして…。 ◆マッチレビュー 日本代表 1-0 オマーン代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:ザイード スポーツ シティ スタジアム観客…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/トルクメニスタン戦総評

いよいよ日本代表の初戦を迎える。 ロシアW杯後、新体制となってからの日本代表は国際親善試合では好調だったが、初の公式戦となる大会でどのような戦いを見せてくれるのだろうか。 ◆マッチレビュー 日本代表 3-2 トルクメニスタン代表 <スタジアム/現地情…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/初戦を前に激震が走る

アジアカップ開幕戦を迎えた5日、日本代表に激震が走った。 中島翔哉選手と守田英正選手が負傷のため離脱。 乾貴士選手、塩谷司選手を緊急招集することになった。 中島選手と守田選手の負傷離脱は残念だが、初戦を前にした緊急事態に、乾選手と塩谷選手を追…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/メンバー入替と背番号決定

いよいよ明日1月5日からUAEで開催されるアジアカップ2019が開幕する。 浅野拓磨選手が怪我のため招集不可能となり、代わりに武藤嘉紀選手が追加召集された。 アジアカップ2019に臨む日本代表メンバーについて背番号と共に改めておさらいしよう。 【日本代表…

NHKスペシャル「ロストフの14秒」を視聴して

ロシアW杯、決勝トーナメント1回戦。 日本対ベルギー。 2対2で迎えた後半ロスタイム。 本田選手がコーナーキックを蹴り、ボールをクルトワ選手がキャッチしたところからベルギーのカウンターが発動。14秒後ベルギーが勝ち越しゴールを決めて勝利した。 「ロ…

香川真司移籍報道:ドルトムントの現状分析(2018年12月)

2018-2019シーズン、所属するドルトムントで出番を失っている香川真司選手。 いよいよ今冬での移籍が現実味を帯びてきたと感じています。 香川真司移籍報道(2018年8月)にも書きましたが、この時は新シーズンが開幕したばかりということでコンディションが整…

サッカー日本代表:アジアカップ2019/招集メンバー23名発表

2019年1月5日からUAEで開催されるアジアカップの招集メンバー23名が発表された。 グループFに入っている日本は、1月 9日(水)トルクメニスタン代表1月13日(日)オマーン代表1月17日(木)ウズベキスタン代表と対戦する。 今大会から出場枠がこれまでの16か…

U-21サッカー日本代表:UAE遠征「ドバイカップU-23」試合結果

U-21日本代表のUAE遠征を振り返ります。ドバイカップU-23では、ウズベキスタン、クウェート、UAEと総当たりで対戦した。 【招集メンバー】※選手名敬称略。 [GK]小島亨介(早稲田大学)谷晃生 (ガンバ大阪)山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン) [DF]板…

サッカー日本代表:国際親善試合/キルギス戦[2018.11.20]

2019年アジアカップ前、最後の代表戦になったことで、メンバー入りへのアピール合戦となった。 ◆キルギス戦レビュー 日本代表 4-0 キルギス代表 <スタジアム/現地情報>スタジアム:豊田スタジアム観客数 :38,353人天候 :晴れ気温 :12℃湿度 :39% ◆日本…

サッカー日本代表:国際親善試合/ベネズエラ戦[2018.11.16]

11月16日にベネズエラ代表、11月20日にキルギス代表と対戦する日本代表。 怪我による辞退者もあり少しメンバー構成が変わった。 今回の記事では、代表招集メンバーのおさらいとベネズエラ戦レビューをお届けする。 ◆招集メンバー※11月16日にベネズエラ代表、…

サッカーU-21日本代表:UAE遠征「ドバイカップU-23」

U-21日本代表は『ドバイカップU-23(11月11日~21日)』に参加し、14日にU-23ウズベキスタン、17日にU-23クウェート、20日にU-23UAEと対戦することになっている。 ◆招集メンバー※選手名敬称略。 [GK]小島亨介(早稲田大学)滝本晴彦(柏レイソル)山口瑠伊(…

サッカー日本代表:森保監督体制で迎える3度目の国際親善試合

11月16日にベネズエラ代表、11月20日にキルギス代表と対戦する日本代表。この2試合に挑む招集メンバーが発表された。 【招集メンバー】※11月16日にベネズエラ代表、11月20日にキルギス代表と対戦する日本代表メンバーのリスト。選手名敬称略。 [GK]東口順昭…

肺気胸とはどんな病気!?

UEFAチャンピオンズリーグ、グループリーグ第3戦。現地時間2018年10月24日にガラタサライのホームで行われたシャルケとの一戦。 長友選手は左サイドバックで先発出場。しかし、後半37分にアクシデントが発生する。 ボールが長友選手の体に当たってラインを割…

サッカー日本代表:代表チームの分岐点

先日の週末にリーグ戦が再開された。 いつもの日常に戻ったが、私の中ではまだ代表戦の余韻が残っている。 これまでの3試合(コスタリカ、パナマ、ウルグアイ)を観ていて代表チームの目指す形が、少しだけ見えてきた気がしている。 ・攻守の切り替えが早い…

サッカー日本代表選手ポジション別序列一覧(2018年10月)

先日行われたウルグアイとの一戦を4対3で勝利した日本代表。 この試合がベストでは困るが、今後の日本代表にとって新たなスタート、ターニングポイントとなった試合と言っても過言ではない。 ここまでの3試合(コスタリカ、パナマ、ウルグアイ)を通して、森…

サッカー日本代表:国際親善試合/ウルグアイ戦[2018.10.16]

ロシアW杯に出場したメンバーも招集され、怪我人を除いて現時点で考えられるベストメンバーを揃えた日本代表。「若手との融合」がテーマになった10月は、パナマ代表、ウルグアイ代表と親善試合を行う予定になっている。 パナマ代表に3対0で勝利し、勢いに乗…

サッカー日本代表:国際親善試合/パナマ戦[2018.10.12]

ロシアW杯に出場したメンバーも招集され、怪我人を除いて現時点で考えられるベストメンバーを揃えた日本代表。 「若手との融合」がテーマになった10月は、パナマ代表、ウルグアイ代表と親善試合を行う予定になっている。 【パナマ戦レビュー】 日本代表 3-0…

サッカー日本代表:森保監督体制で迎える2度目の国際親善試合

9月11日に行われたコスタリカ戦に3対0で勝利し、新体制で良いスタートを切った日本代表。 10月12日にパナマ代表、10月16日にウルグアイ代表と対戦することになっているが、この2試合に挑む招集メンバーが発表された。 ◆招集メンバー※10月12日にパナマ代表、1…

欧州サッカー2018-2019シーズン:海外組の日本人選手が増える一方で感じる懸念事項(3)

3部作なので長くなりましたが、今回のコラムで1番伝えたかった懸念事項は 「レギュラーシーズンの各リーグ戦を上位で終えるクラブに日本人選手が少ない」です。 そして今私が1番悩まされているのは、日本人選手が所属する海外クラブがリーグ戦で1部残留争い…

欧州サッカー2018-2019シーズン:海外組の日本人選手が増える一方で感じる懸念事項(2)

先週から2018-2019シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグが開幕した。ヨーロッパ最高峰の大会といわれているが、参加している日本人選手が少ないこともあり寂しく感じている。 海外組が増えてきたとはいえ、毎年ヨーロッパ各国のリーグ…

欧州サッカー2018-2019シーズン:海外組の日本人選手が増える一方で感じる懸念事項(1)

海外で活躍する日本人選手が増えている。 サッカーに関しては特に2018年になってから一気に増えたように感じている。 ロシアW杯でベスト16という結果を出しただけではない。 どちらかいえばW杯での成績は、2018年夏の移籍市場にはあまり関係が無かったよう…