footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

西野朗新監督就任で代表招集メンバーに変化はあるのか?

 監督が変われば選出される選手も変わる。

 

 というのが基本だが、今回はこれまでのメンバー構成から大きく変わらないと私は見ている。メディア向けのビッグサプライズで代表メンバー入りはいらない。監督交代だけでもうお腹いっぱいだ。

 

 怪我人のコンディションがどこまで戻っているかも重要になるが、1つ変わる可能性があるとすれば、W杯出場経験者であるベテラン選手を1名追加するくらいと見ている。

 

 W杯本大会まで実質3試合(ガーナ、スイス、パラグアイ)で、どういうプランで戦うのか。基本フォーメーション、コンセプトなどを明確にできるのだろうか。

 

 4-2-3-1が基本になるか、2トップ、3バックなどのオプションが準備できれば、一筋の光が見えるかもしれない。

 

 個人的に代表選手のレベルは過去最高といっても過言ではないと思っているので、W杯での期待値はあった。今回の混乱で1度リセットされてしまった部分は否めない。

 

【選手層は厚い】

 ブラジルW杯後の4年間では、多くの選手が招集されてかつ先発起用されてきた。しかし、結果としてほとんどのポジションでブラジルW杯でのレギュラーを脅かすことは出来なかったのが問題だと考える。

 

  本田選手、岡崎選手、香川選手は、所属チームでポジションを失った時期もあった。贔屓目にみてもコンディションの悪い時もあったのは間違いない。それでも招集していたのは、絶対的な存在感を持った選手が現れなかったからだ。

 

 この4年間で、本田選手、岡崎選手、香川選手を押しのける選手が出てきただろうか?この3選手が招集メンバー外になった試合で勝てなかった時に代表復帰待望論が出ていたのは、つまりそういうことだろう。

 

  ブラジルW杯で悔しい経験をした清武選手、大迫選手、酒井宏樹選手が大きく成長。槙野選手、原口選手、乾選手も代表メンバーに返り咲いた。

 

  他にも、宇佐美選手、柴崎選手、武藤選手、小林選手。リオ五輪に出場した浅野選手、井手口選手、大島選手、久保選手、中島選手のように代表メンバーの世代交代は着々と行われている。

 

  ワールドカップ本大会で活躍すれば、今まで否定的だった人も必ず手のひらを返す。それは2010年南アフリカW杯の時に証明済みだ。選手にはそんな活躍を期待したい。

 

footballnote.jp