footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表は南米チームを苦手としている?

 私が編集長を務めるFOOTBALL NOTEにて、2018年1月に日本代表が南米チームを苦手にしているのか調べて記事にしたことがありました。

 その時の記事がコチラ↓です。

footballnote.jp

 

 「日本がW杯で決勝トーナメントに進んだのは、グループリーグで南米チームと対戦しなかった大会だけ?」という疑問を解決するためでしたが、調べた結果…

 

 W杯での南米チームとの対戦成績は0勝4敗。

 グループリーグで南米チームと対戦したフランス、ドイツ、ブラジルの3大会では、グループリーグ敗退。
 

 ということでした。(※日本がW杯に初出場した1998年フランス大会から2014年のブラジル大会までの記録を参照)

 

「日本がW杯で決勝トーナメントに進んだのは、グループリーグで南米チームと対戦しなかった大会だけ」と証明されました。

 

 ロシアW杯では、グループリーグの初戦で南米のコロンビアと対戦します。

 日本にとって不利なデータを出してしまいましたが、これはあくまで過去の話。

 サッカーは試合をしてみなければわからないので、初戦のコロンビアに勝つか引き分けるかで勢いに乗ってほしい。

 

 …そう願うのには理由があります。

 

 ブラジルW杯グループリーグ最終戦でコロンビアと対戦。勝てばまだ決勝トーナメント進出の可能性があったなか、1対4で大敗。

 

 あの瞬間を思い出すだけでまだ涙が出てきそうになります。

 

 ロシアで再びコロンビアと対戦することが決まり、ブラジルでのリベンジが出来るのはもうここしかありません。

 

  グループリーグの大事な初戦にブラジルW杯での因縁の相手コロンビア。

 

 相手にとって不足なし!