footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

U-21サッカー日本代表:UAE遠征「ドバイカップU-23」試合結果

U-21日本代表のUAE遠征を振り返ります。
ドバイカップU-23では、ウズベキスタンクウェートUAEと総当たりで対戦した。

【招集メンバー】
※選手名敬称略。

[GK]
小島亨介(早稲田大学
谷晃生 (ガンバ大阪
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)

[DF]
板倉滉 (べガルダ仙台)
大南拓磨(ジュビロ磐田
立田悠悟(清水エスパルス
橋岡大樹(浦和レッズ
小林友希(ヴィッセル神戸U-18

[MF]
中山雄太(柏レイソル
三好康児コンサドーレ札幌
長沼洋一(FC岐阜
伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
藤谷壮 (ヴィッセル神戸
岩崎悠人(京都サンガ
松本泰志(サンフレッチェ広島
杉岡大暉(湘南ベルマーレ
菅大輝 (コンサドーレ札幌
神谷優太(愛媛FC
伊藤洋輝(ジュビロ磐田
久保建英(横浜F・マリノス

[FW]
小川航基(ジュビロ磐田
上田綺世(法政大)
旗手怜央(順天堂大

 

U-23ウズベキスタン戦>

U-21日本代表 2-2 U-23ウズベキスタン代表

フォーメーション:3-4-2-1
===================

       小川航基
        (上田綺世)

    伊藤達哉  三好康児
     (岩崎悠人) 

 杉岡大暉         藤谷壮
                 (長沼洋一)

    中山雄太  松本泰志


  板倉滉  立田悠悟  大南拓磨


       小島亨介

===================

【得点者】
前半17分;小川航基
前半45分;小川航基(PK)


U-23クウェート戦>

U-21日本代表 5-0 U-23クウェート代表

フォーメーション:3-4-2-1
===================

       上田綺世
        (小川航基)

    久保建英  旗手怜央
     (伊藤達哉)   (岩崎悠人)

 菅大輝          長沼洋一

    伊藤洋輝  神谷優太
    (板倉滉)    (松本泰志)

 小林友希  中山雄太  橋岡大樹
        (立田悠悟)

       山口瑠偉
       (谷晃生)

===================

【得点者】
前半27分;旗手怜央
前半41分;上田綺世
後半10分;上田綺世
後半28分;上田綺世
後半36分;小川航基

 

<U-23UAE戦>

U-21日本代表 1-1 U-23UAE代表

フォーメーション:3-4-2-1
===================

       小川航基
        (上田綺世)

    岩崎悠人  三好康児
     (伊藤達哉)   (久保建英)

 杉岡大暉         長沼洋一

    中山雄太  松本泰志


  板倉滉  立田悠悟  大南拓磨
              (橋岡大樹)

       小島亨介

===================

【得点者】
後半26分;上田綺世


◆あとがき

 日本は1勝2分けで準優勝に終わった。
 フル代表での国際親善試合があった森保監督に代わって横内コーチが監督代行を務めた。

 この世代、フォーメーションは「3-4-2-1」がベースになるだろう。
 2018アジア大会準優勝メンバーに、AFC U-19選手権FIFA U-20W杯出場権を獲得したメンバーが揃ったということで、怪我人を除けば現状でのベストメンバーが揃った印象を受ける。
東京オリンピック世代だがフル代表に選出されている堂安選手、冨安選手を除く。

 

 連携面では難しいところがあったかもしれないが、東京オリンピックに向けての課題は「勝ち切れなかったこと」だろう。

 特にUAE代表との最終戦
 後半開始早々に1点をリードされてしまい、そこから同点に追いついたまでは良かった。
 しかし、1対1と同点になり残り時間が約20分あったのに、勝ち越せなかったところがチームとしての課題だろう。

「勝てば優勝」という可能性がある中で、試合で輝きを放つ選手が出てきてほしいところだ。

 東京オリンピックにはオーバーエイジ枠を使用するみたいなので、今回の結果だけを見ると、勝負強さを持った選手が選ばれそうな感じがしている。

 2019年アジアカップにアンダー世代から1人はフル代表に選出されるのかな?と頭を過ったが、今回はまだ難しいかもしれないな。

FOOTBALL NOTE | サッカー好きの編集長が立ち上げたWEBマガジン。読者の知的好奇心を刺激するコンテンツ提供。