footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:アジアカップ2019/決勝トーナメント総括

 日本代表は、アジアカップを準優勝で終えた。

 決勝まで進んだ時の日本代表の戦績が勝率100%ということで、筆者としても心にどこか余裕を持ってしまっていたのかもしれない。

 対戦相手がカタールに決まり、元日本代表監督でもあるザッケローニ氏が率いる開催国UAEとの対戦が叶わず、どこかガッカリした気持ちが先走り、カタールのことをあまり意識していなかった。

 

 それには理由がある。
 準決勝のイラン戦で、日本代表の今大会ベストマッチを観れたからだ。

 

 これまでの不安定さがウソのように前半からチームとして機能していて、後半の得点シーンでは、先制、中押し、ダメ押しの3ゴールはゲームプランとしては理想的だった。

 FIFAランク上では現在、アジア最強といっても過言ではないイランを相手に完勝した日本代表なら「決勝もいける」と多くのサポーターが思ったに違いない。

 だが、今大会を冷静に振り返ると、日本はギリギリで勝ち上がってきただけで圧勝といえる試合は全く無かった。

「よく決勝まで勝ち残った」という表現の方が正しい。

アジアカップ2019、日本代表の『準優勝』は必然だったのだ。

 

↓続きはこちらから。

footballnote.jp