footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

フランス・リーグアン2019-2020シーズン第2節

 フランスリーグは昨シーズンと同様に3人の日本人選手が在籍している。

 マルセイユ酒井宏樹選手、ストラスブール川島永嗣選手、トゥールーズ昌子源選手。日本を代表するディフェンス陣といっても過言ではない。

 

 マルセイユの酒井選手は、イングランドプレミアリーグトッテナムから獲得オファー?という情報もあったが慣れ親しんだマルセイユに残留で決着したようだ。

 

 ストラスブールの川島選手は契約を更新して2年契約を勝ち取った。
 第3ゴールキーパーの立ち位置はいまのところ変わっていないようだが、1試合でも多くピッチでプレーしてもらいたい。

 

 海外2シーズン目の昌子選手だが、開幕前に怪我をしたという情報がある。開幕戦、第2節とベンチ外になっているが、怪我の回復具合が心配される。

 

【第2節】
ナント 0-0 マルセイユ
 酒井選手は安定のスタメン出場。
 右サイドバックとして無失点に貢献するも、チームとしてはPKが得点に繋がらずスコアレス決着となった。
 開幕からまだ2試合目だが波に乗れていない印象を受ける。

 

↓2018-2019シーズン、トゥールーズマルセイユを現地観戦した記事はコチラ

フランス リーグ・アン/トゥールーズ対マルセイユ現地観戦記②日本人対決レポート | FOOTBALL NOTE