footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

フランス・リーグアン2019-2020シーズン第3節

ニース 1-2 マルセイユ
 1対1と同点の後半28分に獲得したPKをパイェ選手が決めて、これが決勝点となり、今季初の勝ち点3を獲得!

 酒井選手はこの試合も右サイドバックで安定したプレーを披露。
 マッチアップしたニースの18番イーサン・サッコ選手を自由にプレーされず、ほとんど仕事をさせていなかった。

酒井宏樹選手はマルセイユと2022年まで契約を更新したと発表した。

 

 トゥールーズの昌子選手はまもなく怪我から復帰し、全体練習に合流できる情報も入ってきている。

 ストラスブールの川島選手はチームに帯同しているも、なかなか出番に恵まれていない。GKなので難しい部分も多いが、それでもベテランの経験を活かして出番が来るのを完璧な準備をして待つしかなさそうだ。