footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イタリア・セリエA2019-2020シーズン第2節

ボローニャ 1-0 SPAL
 冨安選手はこの試合も右サイドバックで先発フル出場。
 クリーンシート、さらに1対0で勝利は、イタリアで最も理想とされるスコアである。チームは1勝1分、勝ち点4とまずまずのスタートを切った!

 

◆第2節を終えて
 まだ2試合を終えただけだが、ボローニャは1勝1分の勝ち点4で、ヴェローナと同率6位と良い位置につけている。

 本命はクリスティアーノ・ロナウド選手の所属するユベントスだろう。
 開幕から2連勝で、首位インテルと得失点差で2位につけているが、第2節でナポリを4対3で下しており、今年も勝負強さは健在。リーグとCLの2冠も期待して良いかもしれない。

 インテルトリノラツィオナポリアタランタミランなど難敵は多いので、ユベントスといえど簡単にはいかないのがセリエAたる所以かもしれない。
 ただ、ローマが2戦2分と、やや出遅れた感はある。

 

FOOTBALL NOTE | サッカー好きの編集長が立ち上げたWEBマガジン。読者の知的好奇心を刺激するコンテンツ提供。