footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イタリア・セリエA2019-2020シーズン第4節

ボローニャ 1-2 ローマ
 冨安選手はこの試合も右サイドバックで先発フル出場。
 加入したばかりだけどイタリアのクラブでディフェンダーの選手がレギュラーを獲得しているのは、偉業といっても良い。

 1対1で迎えた後半アディショナルタイムにジェコ選手に決勝点を決められたところは痛かった。
 ただ、イタリアにはワールドクラスのFWが多いので、冨安選手がもっとスケールの大きい選手になるための最初の壁が来たと思って楽しんでもらいたい。

 ちなみに、ローマの99番ジャスティン・クライファート選手って、あの元オランダ代表のクライファート選手の息子だよね?時代の流れを感じるな…。

 

◆第4節を終えて
 伝統のミラノダービーがありましたが、アウェイのインテルが2対0で快勝!
 ルカク選手の加入がチームにとって大きかったようですね。

 一方ミランは2勝2敗(勝ち点6)で12位と低迷。
 イタリア名門クラブとしてまたヨーロッパの舞台に戻ってきてほしい。

 シェフチェンコ選手、カカ選手、ピルロ選手、ガットゥーゾ選手…あの頃の輝きをもう1度!!

 

<順位表>
1位.インテル (勝ち点12)
2位.ユベントス(勝ち点10)
3位.ナポリ  (勝ち点 9)
4位.ローマ  (勝ち点 8)
5位.ラツィオ (勝ち点 7)得失点差4
6位.アタランタ(勝ち点 7)得失点差1 総得点9
7位.ボローニャ(勝ち点 7)得失点差1 総得点7