footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イタリア・セリエA2019-2020シーズン第6節

ウディネーゼ 1-0 ボローニャ
 冨安選手はこの試合も右サイドバックで先発フル出場。
 しかし、失点シーンは冨安選手のサイドから崩されたことで生まれてしまった。

 前半27分、中央からサイドに振られてしまい冨安選手のマークもズレてしまっているが、サイドからのセンタリングが起点となり、中央で待っていたウディネーゼのオカカ選手にヘディングを叩きこまれている。

 サイドハーフの選手がもっと下がってきてサイドのケアをするなど方法もあるが、あれだけ左右に振られると後手後手の対応となった時は防ぎようがない。

 これが決勝点となり敗れてしまい、リーグ戦ここ3試合を2敗1分と苦しい戦いが続いている。最初の正念場が来たかな。


◆第6節を終えて
 インテルユベントスアタランタナポリは確実に勝ち点3を手にしている。ローマもジェコ選手のゴールと共に上位に上がってきた。

 ただ、ACミランの浮上のきっかけが未だに見えない。開幕から2勝4敗(勝ち点6)と低空飛行が続いている。

 今節はホームでフィオレンティーナに1対3と完敗。
 1点ビハインドの後半9分に退場者を出したことで難しい試合になったが、フランクフルトから期限付き移籍しているレビッチ選手のスタメン起用にまだ光明が残っているかもしれない…

 

<順位表>
 1位.インテル (勝ち点18)
 2位.ユベントス(勝ち点16)
 3位.アタランタ(勝ち点13)
 4位.ナポリ  (勝ち点12)
 5位.ローマ  (勝ち点11)
 6位.ラツィオ (勝ち点10)

10位.ボローニャ(勝ち点 8)