footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イングランド・プレミアリーグ2019-2020シーズン第9節

ウルヴァーハンプトン 1-1 サウサンプトン
 代表帰りにも関わらず吉田選手は先発フル出場を果たした。
 1点リードする展開から、PKで同点に追いつかれてしまうも、アウェーで貴重な勝ち点1を得たことはまずまずだとプラスに捉えたい。

 ウルヴァーハンプトンラウール・ヒメネス選手とサウサンプトンのイングス選手。
この試合共に1ゴールずつ上げたが、プレミアリーグの中堅クラブで必要とされるエースとしての働きを見た気がしている。


チェルシー 1-0 ニューカッスル
 国際Aマッチデー明けのリーグ戦で武藤選手はベンチ外となり、厳しい立場に立たされている現状が伝わってきた。


◆第9節を終えて
 開幕からのリバプール8連勝を止めたのはマンチェスター・ユナイテッドだった。
 それでも連勝はストップしても、1点ビハインドから引き分けに持ち込んだリバプールの底力は、今季のプレミアリーグでは突出している。

 マンチェスター・シティは、個人的には苦手としているように見えるクリスタル・パレスとのアウェイでの一戦だったが、きっちりと快勝し勝ち点差を縮めた。

 上位陣では、レスター、チェルシーが勝ち点3を積み上げる一方、アーセナルはアウェイでシェフィールドに敗れる波乱。さらにトッテナムワトフォード相手にホームで引き分けに終わり、ここまで勝ち点12と波に乗れていない。

 

<順位表>
 1位.リバプール   (勝ち点25)
 2位.マンチェスターC(勝ち点19)
 3位.レスター    (勝ち点17)得失点差8 
 4位.チェルシー   (勝ち点17)得失点差5
 5位.アーセナル   (勝ち点15)


17位.サウサンプトン (勝ち点 8)得失点差-7
18位.ニューカッスル (勝ち点 8)得失点差-9