footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イタリア・セリエA2019-2020シーズン第8節

ユベントス 2-1 ボローニャ
 冨安選手は日本代表として出場したモンゴル戦で左太もも裏を負傷してしまい、ユベントスとの大一番を欠場することになった。
 リーグ屈指の攻撃力を誇るユベントスを相手に冨安選手が守備でどういうプレーを見せてくれるのか楽しみにしていたが、後半戦でもう1度対戦があるので、その時まで待ちたいと思う。


◆第8節を終えて
 ユベントスはホームでボローニャに2対1で勝利、インテルはアウェイでホームで粘りを見せるサッスオロを振り切り3対4で勝利と、共に1点差ではあるがしっかりと勝ち切ったユベントスインテルの2チームが頭1つ抜け出した印象だ。

 ラツィオアタランタの好カードは、3対3と引き分けに終わった。
 アタランタは上位陣にどこまで迫れるか、またラツィオは来期UEFA主催大会出場がかかる6位以内に返り咲くことはできるのか注目したい。

 

<順位表>
1位.ユベントス(勝ち点22)
2位.インテル (勝ち点21)
3位.アタランタ(勝ち点17)
4位.ナポリ  (勝ち点16)
5位.カリアリ (勝ち点14)

13位.ボローニャ(勝ち点 9)