footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

スペイン ラ・リーガ2019-2020シーズン第10節

レアル・バリャドリード 2-0 エイバル●
 乾選手はベンチ入りするも出番は無かった。前半だけで2点ビハインドを背負ったのだから、交代枠をもっと有効活用してほしかった。

 結果的にエイバルは交代枠を1つ残した状態で、試合終了を迎えている。アウェイとはいえ勝ち点1を得るために後半から反撃に出る必要はあったはずだ。


レガネス 1-0 マジョルカ
 久保選手は1点ビハインドの後半14分から途中出場となった。
 ビハインドの場面で最初の交代カードでの出場となったことで、久保選手はチーム内で攻撃のキープレーヤーの1人だと理解できる。

 だが、ゴールやアシストという目に見えた結果が出ていない。そろそろ結果が欲しいところだ。

 

◆第10節を終えて
 カンプ・ノウで行われる予定だったバルセロナレアル・マドリードクラシコは、カタルーニャ独立派によるデモの影響が考慮され延期となった。振替日は2019年12月18日の予定となっている。

 順位は暫定だが、グラナダが首位に立った。
 上位にソシエダアトレティコ、セビージャは勝ち点3を獲得したことで、より一層混戦の様相となってきた。


<順位表>※暫定
 1位.グラナダ        (勝ち点20)
 2位.バルセロナ       (勝ち点19)得失点差13
 3位.レアル・ソシエダ    (勝ち点19)得失点差 7
 4位.アトレティコ・マドリード(勝ち点19)得失点差 5
 5位.セビージャ       (勝ち点19)得失点差 2
 6位.レアル・マドリード   (勝ち点18)

15位.マジョルカ      (勝ち点10)
16位.エイバル       (勝ち点 9)