footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

スペイン ラ・リーガ2019-2020シーズン第12節

レガネス 1-2 エイバル○
 乾選手は2試合連続で先発出場。1対2と1点リードの後半40分に交代するまで献身的なプレーを見せた。

 エイバルの2得点はいずれもサイドが起点になっていた。乾選手、オレジャーノ選手の両サイドがもっと機能すれば、順位も自然と上がっていくだろうな。


レアル・バリャドリード 3-0 マジョルカ
 久保選手は先発出場を果たすも、得点に繋がるプレーが出来ないまま2点ビハインドの後半23分に交代した。
 スペインメディアも良い評価を出していないが、これが久保建英選手のラ・リーガでの現在地です。スペインメディアの手のひら返しをさせる日を楽しみにしたい。

 日本のメディアはもっと冷静に今の久保選手の立場を伝えて欲しい。アイドル扱い含めた過度な取り上げ方しかしないけど、現地メディアの評価と大きく評価が分かれていると見る目がないと思ってしまう。


◆第12節を終えて
 首位バルセロナがアウェイでレバンテに3対1で敗れ、レアルマドリードはホームでスコアレスドローに終わり、この結果勝ち点22で両チームが並ぶことになった。

 セビージャとアトレティコ・マドリードの直接対決は1対1の引き分けに終わり、共に勝ち点1をわけあった形になり、暫定ではあるが上位は大混戦になっている。

 

<順位表>※暫定
 1位.バルセロナ       (勝ち点22)得失点差15
 2位.レアル・マドリード   (勝ち点22)得失点差12
 3位.レアル・ソシエダ    (勝ち点22)得失点差 7
 4位.アトレティコ・マドリード(勝ち点21)得失点差 5
 5位.セビージャ       (勝ち点21)得失点差 2

14位.エイバル         (勝ち点15)
17位.マジョルカ        (勝ち点11)