footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

フランス・リーグアン2019-2020シーズン第12節

マルセイユ 2-1 リール
 この試合は本職の右サイドバックで先発フル出場した酒井選手。2点リードの場面からセットプレーで1点差に迫られるも、何とか守り切って勝利した。

 前節でパリ・サンジェルマンに大敗したが、なんとか踏みとどまった。こういう接戦を制していけば、3位以内には入っていけるだろう。


アンジェ 1-0 ストラスブール
川島選手はこの試合もベンチ外。

 

トゥールーズ 2-3 リヨン
昌子選手は怪我(右足首捻挫)のため欠場。


◆第12節を終えて
 これだからサッカーは何が起こるかわからない。盤石と思われていたパリ・サンジェルマンがアウェイでディジョンに敗れた。

 パリ・サンジェルマンが先制し試合を有利に進めていたが、前半終了間際に失点すると、後半開始早々にも失点し逆転を許した。

 2点とも自分たちのミスではなく相手に崩されての失点だったのは痛かった。
 その後怒涛の攻撃もポストに嫌われるなどあり、同点ゴールを奪えずに敗れた。

 ニームとレンヌの試合が中止となったため、暫定の順位ではあるがマルセイユが4位に浮上してきている。2位以下は混戦模様だ。

 

<順位表>※暫定
 1位.パリサンジェルマン(勝ち点27)
 2位.アンジェ     (勝ち点20)
 3位.ナント      (勝ち点19)得失点差 0
 4位.マルセイユ    (勝ち点19)得失点差-2
 5位.リール      (勝ち点18)

17位.ストラスブール  (勝ち点12)得失点差-6
18位.トゥールーズ   (勝ち点12)得失点差-7