footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

フランス・リーグアン2019-2020シーズン第13節

マルセイユ 2-1 リヨン
酒井選手はベンチ外。(累積警告のため?)

 

ストラスブール 4-1 ニーム
川島選手はベンチ外。

 

モンペリエ 3-0 トゥールーズ
昌子選手は怪我(右足首捻挫)のため欠場。

 

※日本人選手は3選手とも欠場となった。


◆第13節を終えて
 パリ・サンジェルマンはアウェイでブレストと対戦したが、前節の負けを引きずっているかのような展開だった。
 過密日程の中、ターンオーバーを敷いてメンバーを入れ替えて臨んだ一戦で前半39分にディ・マリア選手のゴールで先制するも、後半27分に追い付かれてしまう。

 嫌な時間帯で追いつかれてしまったが、後半40分にイカルディ選手の勝ち越しゴールが決勝点となり、アウェイで貴重な勝ち点3を得た。

 マルセイユのホームで行われたリヨンとの「ショック・ドゥ・オランピック」ダービーでマルセイユが勝利し、単独で2位に浮上した。

 パリ・サンジェルマンとの勝ち点は8、直接対決でも完敗しているので、現実的なプランとして、このままの順位をキープして来季のUEFA主催大会への出場権獲得が至上命題となりそうだ。

 トゥールーズは監督を交代するもチームは浮上せず、降格圏の19位に沈んでいる。
 昌子選手が守備を立て直すことに期待しているが、怪我からの復帰が待たれる。


<順位表>※暫定
 1位.パリサンジェルマン(勝ち点30)
 2位.マルセイユ    (勝ち点22)
 3位.アンジェ     (勝ち点21)得失点差 1
 4位.サンテティエンヌ (勝ち点21)得失点差-2
 5位.リール      (勝ち点19)

16位.ストラスブール  (勝ち点15)得失点差-3
19位.トゥールーズ   (勝ち点12)得失点差-10