footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イングランド・プレミアリーグ2019-2020シーズン第15節

サウサンプトン 2-1 ノリッチ
吉田選手は2対1と1点リードの後半40分から途中出場し、守備固めでチームの勝利に貢献。チームは連勝で降格圏を脱出した。

 

シェフィールド 0-2 ニューカッスル
武藤選手はベンチ外。


◆第15節を終えて
 なぜ、ユナイテッドは今節のようなフットボールが継続できないのか?
 オールド・トラッフォードに帰還したモウリーニョ監督率いるトッテナムとの接戦を制した。

 トッテナムの出来が悪かった訳ではなく、ユナイテッドのラッシュフォード選手がキレキレだった。次回トッテナムのホームで行われるユナイテッドとの一戦で、モウリーニョ監督はラッシュフォード選手を徹底マークする戦術で来るだろうな。

 今季のリーグ戦、ここまでリバプールに勝ちを与えなかったのもユナイテッド(結果は1対1の引き分け)

 レスター、チェルシーにも勝利しているので上位に絡んでもおかしくないが、中堅下位のクラブを相手にすると取りこぼしがあるので不安定なのがもったいない。

 次節はアウェイでマンチェスター・シティとのマンチェスターダービーを迎える。優勝のためにはもう負けられないシティとの一戦は盛り上がること間違いない。

 

<順位表>
 1位.リバプール    (勝ち点43)
 2位.レスター     (勝ち点35)
 3位.マンチェスター・C(勝ち点32)
 4位.チェルシー    (勝ち点29)
 5位.ウルバーハンプトン(勝ち点23)

11位.ニューカッスル  (勝ち点19)
17位.サウサンプトン  (勝ち点15)