footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:EAFF E-1選手権2019/中国戦マッチレポート

 既に日本代表メンバー22名が発表されていたが、残りの1名に浦和の橋岡大樹選手が選出され23名が揃った。室屋選手が怪我のため辞退し、札幌の菅大輝選手が追加招集となった。

 J1リーグ最終節から中2日で迎える中国戦。選手のコンディション面もそうだが、連携部分でも準備不足が否めない中、初戦の中国戦を迎えた。

 

◆マッチレビュー
日本代表 2-1 中国代表

 

【日本代表先発フォーメーション】
()内は交代出場した選手

フォーメーション:3-4-2-1(3-4-3)
===================

        上田綺世

     森島司   鈴木武蔵
           (田川亨介)

 遠藤渓太         橋岡大樹
              (相馬勇紀)

    井手口陽介  橋本拳人

  佐々木翔  三浦弦太  畠中槙之輔

        中村航輔

===================

【得点者】
前半29分;鈴木武蔵
後半25分;三浦弦太

 

【日本代表スタッツ】
ボール支配率 :51%
シュート数  :11本
枠内シュート : 2本
パス成功率  :84%(568本)
オフサイド  : 3回
フリーキック :17本
コーナーキック: 2本

 

【スタジアム/現地情報】
スタジアム:釜山九徳スタジアム
観客数  :不明
天候   :晴れ
気温   :9.0℃
湿度   :73%

 

◆編集長の考察

続きは↓のサイトに掲載しています。

footballnote.jp