footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イタリア・セリエA2019-2020シーズン第16節

ボローニャ 2-1 アタランタ
 冨安選手は右サイドバックで先発フル出場。1点リードの後半8分、アーリークロスからポリ選手のゴールをアシストした!

 CLグループリーグを突破したアトランタに金星を挙げたボローニャ

 2点リードするも後半15分に1点差に迫られてから守備に回る時間帯が増えた。さらに後半43分にダニーロ選手がこの日2枚のイエローカードで累積レッドカードで退場になってしまい数的不利となってしまうが、なんとか逃げ切った。


◆第16節を終えて
 ユベントスが勝利し、インテルが引き分けに終わったため勝ち点39で両チームが並んだ。得失点差でインテルが首位には立っているが、勝ち点差3で3位ラツィオも追いかけてきている。また4位ローマも勝ち点差7ではあるが射程圏内だ。

 

 現時点での得点ランキングを見てみると下記のようになっている。
 1位.17ゴール/チロ・インモビーレ(ラツィオ
 2位.10ゴール/ロメル・ルカクインテル
 2位.10ゴール/ジョアン・ペドロ(カリアリ
 4位. 9ゴール/クリスティアーノ・ロナウドユベントス
 4位. 9ゴール/ルイス・ムリエル(アタランタ

 一概には言えないが、守備の固いイタリアでは得点を決めることが厳しい一方で、得点を決めることでチームを上位に導くことにもつながっている。

 

<順位表>
1位.インテル (勝ち点39)得失点差18
2位.ユベントス(勝ち点39)得失点差13
3位.ラツィオ (勝ち点36)
4位.ローマ  (勝ち点32)
5位.カリアリ (勝ち点29)
6位.アタランタ(勝ち点28)

11位.ボローニャ(勝ち点19)