footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:EAFF E-1サッカー選手権2019/韓国戦マッチレポート

 事実上の決勝戦となった韓国戦は2年前のE-1とほぼ同じ状況となった。
 歴史は繰り返すのか、新しい時代を作っていくのか、日本代表にとって運命の一戦となった。

 

◆マッチレビュー
日本代表 0-1 韓国代表

 

【日本代表先発フォーメーション】
()内は交代出場した選手

フォーメーション:3-4-2-1
===================

        上田綺世

     森島司   鈴木武蔵
           (仲川輝人)

 遠藤渓太         橋岡大樹
(相馬勇紀)

    井手口陽介  田中碧
    (大島僚太)

  佐々木翔  三浦弦太  畠中槙之輔

        中村航輔

===================

【日本代表スタッツ】
ボール支配率 :51%
シュート数  : 6本
枠内シュート : 0本
パス成功率  :83%(507本)
オフサイド  : 2回
フリーキック :13本
コーナーキック: 4本

 

【スタジアム/現地情報】
スタジアム:釜山九徳スタジアム
観客数  :不明
天候   :晴れ
気温   :8.0℃
湿度   :56%

 

◆編集長の考察

続きは↓のサイトに掲載しています。

footballnote.jp