footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

フランス・リーグアン2019-2020シーズン第19節

マルセイユ 3-1 ニーム
酒井選手は右サイドバックで先発フル出場した。

ストラスブール 2-1 サンテティエンヌ
川島選手はベンチ外。

ニース 3-0 トゥールーズ
昌子選手は怪我(右足首の捻挫)のためベンチ外。治療のため一時帰国中。


◆第19節を終えて
 パリ・サンジェルマンが独走で、マルセイユが猛追する展開で変わりはない。後半戦に向けて、冬の移籍市場での新戦力の獲得による現在の勢力図に変化は起きるのだろうか。

 1つ懸念材料を上げるなら、パリ・サンジェルマンカバーニ選手が、スペイン1部の強豪アトレティコ・マドリードへの移籍が噂されている。
 今シーズンはイカルディ選手が加入し出番を失っていたが、もし成立すればパリにとって戦力ダウンは免れない。他のチームにとってはほんのわずかながら、チャンスが出てくるかもしれない。

 降格圏争いは、ニームトゥールーズが取り残されてしまった感じだ。
 ニームは1試合少ないこともありトゥールーズの方が現時点で最も厳しい状況に置かれている。

 昨シーズン1部残留を果たした主力メンバーが移籍や怪我のため不在になっているのが1番痛い原因だろう。冬の移籍市場で即戦力を獲得し後半戦で立て直すしかない。

 今節をもってリーグアンはウィンターブレイクに突入。
 次節は現地時間2020年1月11日から順次再開される予定となっている。

 

<順位表>※暫定
 1位.パリサンジェルマン(勝ち点45)
 2位.マルセイユ    (勝ち点38)
 3位.レンヌ      (勝ち点33)
 4位.リール      (勝ち点31)
 5位.ナント      (勝ち点29)

11位.ストラスブール  (勝ち点27)
20位.トゥールーズ   (勝ち点12)