footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカーU-23日本代表/U-23アジア選手権シリア戦

 2020東京五輪アジア最終予選となるAFC U-23選手権のグループリーグ初戦を落とした日本代表は、第2戦目にU-23シリア代表と対戦した。

 

◆マッチレビュー
U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表

 

<スタジアム/現地情報>
スタジアム:タンマサート・スタジアム
観客数  :1,509人
天候   :晴れ
気温   :30.0℃
湿度   :86%

 

【日本代表のフォーメーション】
()内は交代出場した選手

フォーメーション:3-4-2-1
===================

        上田綺世

    森島司    食野亮太郎
   (旗手怜央)   (田川亨介)

相馬勇紀          橋岡大樹

    松本泰志   齊藤未月

  町田浩樹   岡崎慎  渡辺剛
             (立田悠梧)

        大迫敬介

===================

【日本代表:得点者】
前半30分;相馬勇紀

 

【日本代表スタッツ】
ボール支配率 :63%
シュート数  :22本
枠内シュート : 5本
パス成功率  :82%(655本)
オフサイド  : 0回
フリーキック : 6本
コーナーキック: 5本


【編集長の考察】は↓からどうぞ

footballnote.jp