footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イングランド・プレミアリーグ2019-2020シーズン第29節

リバプール 2-1 ボーンマウス
 南野選手はベンチ入りするも出番は無かった。
 先制される苦しい展開になるも、ホームで見事に逆転勝ちを収めた。リーグ戦無敗記録は途絶えても自力のあるチームなので簡単に崩れない。

 

サウサンプトン 0-1 ニューカッスル
 武藤選手は怪我(臀部の負傷)のためベンチ外。


◆第29節を終えて
 リバプールは前節にリーグ無敗記録がストップしたが、ホームでの試合でなんとか立て直し勝ち点3を得た。

 一方、2位マンチェスター・シティはアウェイでマンチェスター・ユナイテッドと対戦するも0対2で完敗を喫した。
 グラウディオラ監督になってリーグ戦年間7敗はあまり記憶にないが、長期政権にツケがここに来て回って来たのだろうか。

 この結果、首位リバプールマンチェスター・シティの勝ち点差は「25」まで開いた。早ければ3月中にもプレミアリーグ王者が決まるみたいだが、もう少しもつれてほしいのが本音だ。

 小さな綻びは見え始めている。
 リバプールはホームで勝ち点3を得たとはいえ、先制点を与えてしまい苦しいゲーム展開となった。

 今季ここまで失点21とリーグ最少失点を誇るリバプール。ホームで失点するシーンがここまであまり見られなかったのだが、シーズンも終盤に差し掛かり過密日程のツケが回ってきているのか、序盤の圧倒的な強さを見せた感じは薄れてきているので、一波乱あっても不思議ではない。


<順位表>※暫定
 1位.リバプール    (勝ち点82)
 2位.マンチェスター・C(勝ち点57)
 3位.レスター     (勝ち点53)
 4位.チェルシー      (勝ち点48)
 5位.マンチェスター・U(勝ち点45)

13位.ニューカッスル   (勝ち点35)