footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

スペイン ラ・リーガ2019-2020シーズン第28節

レアル・マドリード 3-1 エイバル●
 乾選手は3対1と2点ビハインドの後半33分から途中出場した。プレー時間は少ないながらも、主戦の左サイドから攻撃の起点にはなっていた。


マジョルカ 0-4 バルセロナ
 久保選手は4-4-2の右サイドハーフで先発フル出場。バルセロナの下部組織出身である久保選手にとっては感慨深い試合になったのではないだろうか。

 そう思ったのは、得意のドリブルからカットインして左足でシュートを放ちゴールの予感を漂わせると直接フリーキックではキーパーにセーブされてしまうも、惜しいシュートを放っていたから・・・


◆第28節を終えて
 ラ・リーガは無観客での再開となったが、ドイツ・ブンデスリーガと異なる点が2つあった。

 1つはスタジアム内で観客の声援を音響で再現。もう1つは観客席に人が描かれている模様のシートを配置。

 映像だけを見ると観客が入っているような錯覚に陥ってしまう。ただ、シートの模様は時間ごとに変わっていたので、スポンサーのロゴが出てきたり、シートが1度無くなり実際の空席が映るシーンもあったため、無観客試合を痛感させられた。

 ラ・リーガの優勝争いは、バルセロナレアル・マドリードの2強にほぼ絞られている。中断の影響もあり、今シーズンの残りのリーグ戦は、週末とミッドウィーク開催の週2日で試合をこなす強行日程となっている。

 もしかすると、下位チーム相手に取りこぼしが続くようならば上位争いが混戦になるかもしれないが、マドリードバルサの選手層ならこの手の不安要素は何も問題ではないだろう。

 

<順位表>
 1位.バルセロナ        (勝ち点61)
 2位.レアル・マドリード   (勝ち点59)
 3位.セビージャ        (勝ち点50)
 4位.レアル・ソシエダ    (勝ち点47)
 5位.ヘタフェ        (勝ち点46)得失点差11
 6位.アトレティコ・マドリード(勝ち点46)得失点差10

 

16位.エイバル        (勝ち点27)
17位.セルタ         (勝ち点26)

*********[降格圏]*************

18位.マジョルカ       (勝ち点25)
19位.レガネス        (勝ち点23)
20位.エスパニョール     (勝ち点23)