footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

スペイン ラ・リーガ2019-2020シーズン第31節

○エイバル 1-0 バレンシア
 乾選手はベンチ入りするも出番は無かった。

 

レアル・マドリード 2-0 マジョルカ
 久保選手は2シャドーの1角で先発フル出場した。保有元チームとの対戦ということで、内に秘める闘志が空回りしてしまった印象を受けるシーンも目立った。

 直接フリーキックのキッカーを任せられているのは、攻撃の要としてチームに認められつつあること。1部残留が厳しくなってきているが、久保選手の活躍でチームを1部残留に導いてほしい。

 

◆第31節を終えて
 リーグ戦再開後、レアル・マドリードは4連勝と好調をキープしている。怪我人の復帰と5人の交代枠が選手層の厚いマドリードを後押ししているかのようだ。

 バルセロナはホームではまだ今季無敗をキープ。ビルバオを相手に1対0と接戦を制した。大一番は第33節のアトレティコ・マドリード戦になりそうだ。

 レアルとバルサ、リーグ優勝に向けて抜け出すのはどちらのチームだろうか・・・


<順位表>※同一勝ち点の場合、敗戦数が少ない方が上位
 1位.レアル・マドリード   (勝ち点68)20勝3敗8分
 2位.バルセロナ       (勝ち点68)21勝5敗5分
 3位.アトレティコ・マドリード(勝ち点55)
 4位.セビージャ       (勝ち点53)
 5位.ヘタフェ        (勝ち点49)

16位.セルタ         (勝ち点33)
17位.エイバル        (勝ち点32)

*********[降格圏]*************

18位.マジョルカ       (勝ち点26)
19位.レガネス        (勝ち点25)
20位.エスパニョール     (勝ち点24)