footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

スペイン ラ・リーガ2019-2020シーズン第33節

●エイバル 0-2 オサスナ
乾選手は1点ビハインドの後半28分から途中出場した。


マジョルカ 5-1 セルタ
 久保選手は先発出場。2点リードの前半40分、右サイドでボールを受けると折り返しのパスからポゾ選手のゴールをアシスト!
 さらに4対1と3点リードの後半15分、右サイドでボールを受けると中へ折り返し、サルヴァ・セビージャ選手が豪快なミドルシュートを決めて、久保選手にアシストがついた!

 実質4得点に絡む活躍だった。
 アシストはつかなかったが、前半27分のエルナンデス選手のゴールと後半7分のブディミル選手のゴールの起点となるパスを出しており、交代する後半38分までチームの攻撃を牽引していた。

 17位セルタとの直接対決を制し、勝ち点差を5まで縮めたことで1部残留の可能性がわずかだが見えてきた。ただ次節の相手は強豪アトレティコ・マドリード。この試合の勢いを持っていければ良い試合は出来ると思うが果たして…


◆第33節を終えて
 レアル・マドリードは、ヘタフェと対戦。PKによる1点を守り切り接戦を制した。リーグ戦再開後6連勝と破竹の勢いを見せている。

 バルセロナはホームで、アトレティコ・マドリードと対戦。今季ホームでここまで負けなしのバルセロナに有利という見方が強かった。負けはしなかったがリーグ優勝に向けて痛恨の引き分けになってしまった。

 バルサらしくない。といえばそれまでだが、セットプレーからしか得点の可能性を感じなかった。失点は全てPKだったとはいえ、不運も重なったような印象をもっている。

 残り5試合でレアル・マドリードがとの勝ち点差が4に広がってしまい、リーグ優勝が難しくなってきた。

 

<順位表>
 1位.レアル・マドリード   (勝ち点74)
 2位.バルセロナ       (勝ち点70)
 3位.アトレティコ・マドリード(勝ち点59)
 4位.セビージャ       (勝ち点57)
 5位.ビジャレアル      (勝ち点54)

15位.アラベス        (勝ち点35)
16位.エイバル        (勝ち点35)
17位.セルタ         (勝ち点34)

*********[降格圏]*************

18位.マジョルカ       (勝ち点29)
19位.レガネス        (勝ち点25)
20位.エスパニョール     (勝ち点24)