footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

イタリア・セリエA2019-2020シーズン第29節

ボローニャ 1-1 カリアリ
 冨安選手は右サイドバックで先発フル出場。リーグ再開後ここまで全試合フル出場を続けているが、過密日程の影響なのかパフォーマンスが良くなかったと地元紙は伝えているようだ。

 

レッチェ 1-2 サンプドリア
 吉田選手はセンターバックの1角で先発フル出場。この試合で生まれた3ゴール全てがPKということで、ディフェンス陣はペナルティエリア内で相当神経を使いながらプレーしたと思われる…


◆第29節を終えて
 ユベントスラツィオインテルの3チームは揃って勝ち点3を上げた。

 ユベントスクリスティアーノ・ロナウド選手、ラツィオのチロ・インモビーレ選手も共に1点ずつゴールを決めている。コンディションも徐々に上がってきているようなので、なかなか差が縮まらないだろう。

 次節、ユベントストリノと、ラツィオACミランと、インテルボローニャとそれぞれホームで対戦する。過密日程が続くのでは予想外の結果になることも楽しみたい。

 

<順位表>
 1位.ユベントス (勝ち点72)
 2位.ラツィオ  (勝ち点68)
 3位.インテル  (勝ち点64)
 4位.アタランタ (勝ち点60)
 5位.ローマ   (勝ち点48)

11位.ボローニャ (勝ち点38)

16位.サンプドリア(勝ち点29)
17位.ジェノア  (勝ち点26)

*********[降格圏]************

18位.レッチェ  (勝ち点25)
19位.SPAL      (勝ち点19)
20位.ブレシア  (勝ち点18)