footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:2020年代表活動再開決定!

2020年3月、6月に予定されていた2022カタールW杯アジア2次予選の4試合が延期となり、2020年に入って最初の日本代表の一戦となる。

2020年3月~5月はほとんどのリーグ戦が中断していてサッカーをするだけでも難しい情勢だったが、先陣を切ってドイツが5月中旬からリーグ戦を再開している。

代表戦に関してもヨーロッパが先陣を切っている。EURO2020は2021年に延期が決定しているが、UEFAネーションズリーグは現地時間9月3日からグループリーグが始まっている。

世界の流れを見ても代表戦の開催は可能という事例はあったので、日本代表も10月の国際Aマッチデーで活動を再開させることになったのだろう。

ただ、日本国内での国際親善試合開催は現実的にはほぼ不可能だ。対戦相手が来日したとしても隔離期間があるので14日前に来日が必要となるし、海外組が日本に帰国することは難しい。そのため比較的に感染者数が抑えられているオランダ・ユトレヒトでの開催が予定されている。

問題なのは国内組の招集が現時点では非常に難しいことだ。国内組がオランダ遠征となると、代表活動終えて帰国後14日間は隔離処置が取られることになる。

2020シーズンのJリーグは中断期間もあったので、日程消化のため国際Aマッチデーでも中断することはなく、1週間に2試合の過密日程が組まれている。

仮に日本代表メンバーに招集されてしまうと、隔離期間を合わせると最大8試合も欠場する可能性があるため、Jクラブはどこも選手を出したくないのが本音ではないだろうか。


◆オール海外組の可能性
招集メンバーに注目が集まるが、開催地がオランダということで海外組が中心になるという見通しだ。実際に海外組だけで日本代表チームが構成出来るかどうかポジション別に考察してみた。

 

↓続きはこちらから

footballnote.jp