footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:2020年代表活動総括!

オール海外組での構成。

2020年の日本代表を表す代名詞となった。

covid-19の世界的な感染拡大を受けて、2020年の代表活動は大きく変更を余儀なくされた。カタールW杯アジア2次予選は延期され、海外開催での国際親善試合が4試合行われることで落ち着いたが、国内組の招集は見送られた。

2020シーズンのJリーグは開幕していたが、中断期間があったため日本代表戦が行われた10月、11月は週2試合の過密日程。さらに帰国してからも14日間の隔離措置が必要だったため、クラブ側が選手派遣に難色を示していたからだ。

こういった流れもあり日本代表がオール海外組での構成となったわけでが、海外組が合流した代表戦というのも、2019年11月14日にアウェーで行われたW杯アジア2次予選キルギス戦以来約1年ぶりだった。

では、異例となった2020年日本代表活動を振り返ってみよう。

 

◆海外遠征4試合を振り返る
入国制限もあり日本での国際親善試合開催が事実上不可能のため、10月のカメルーン戦、コートジボワール戦がオランダ・ユトレヒトで、11月のパナマ戦、メキシコ戦がオーストリアグラーツで開催されることになった。

通常であれば海外開催の国際親善試合は稀なことだ。W杯直前の強化試合や、ヨーロッパの強豪国とマッチメイク出来た時くらいしか記憶にない。

しかし、今年の4試合は良い前例を作ったと思っている。ヨーロッパのシーズン中(例年では9月~5月)に行われる国際親善試合は、2021年以降は海外遠征での開催にシフトすれば良いのではないだろうか。

スポンサーの問題が1番大きいのは重々承知しているのは明確だが、海外組が増えた現状と自由に海外を行き来することが難しくなっている情勢を考えると、海外開催の国際親善試合が今後主流になってもおかしくはない。

 

↓続きはコチラから

footballnote.jp