footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

海外組日本人選手の評価:2020-2021シーズン冬の移籍市場

何があってもフットボールを止めない。という強い意志を感じる。
ヨーロッパではCOVID-19感染拡大を受けて予定されていた試合が延期になることはあるが、昨年のように中断することなく試合が開催されているのは嬉しい限りだ。

そして例年通り、冬の移籍市場が開き選手の移籍が活発に行われている。
近年高騰していた移籍金が現在の社会情勢を踏まえて例年より落ち着いてきた印象を受けるが、これは良い傾向だと思う。

といっても日本人選手の移籍でそこまで高額な移籍金が発生することは稀だ。
2019-2020シーズン冬の移籍市場でザルツブルク(オーストリア1部)からリバプール(イングランド1部)に移籍した南野選手でさえ、移籍金は推定725万ポンド(約10億円)となっている。

ちなみに同時期にザルツブルクからドルトムント(ドイツ1部)へ移籍したハーランド選手は推定2,000万ユーロ(約25億円)の移籍金が発生している。

最近ではJリーグ2020シーズンMVPで元柏レイソルのオルンガ選手が移籍金700万ユーロ(約8億8,000万円)でアル・ドゥハイル(カタール1部)に完全移籍している。
移籍金は選手を出すクラブにとっては大きな収入になり、選手にとっては市場価値に繋がる。

さて世界的に見ても日本人選手は安価で獲得出来るのだから、それに見合うプレーして結果を残せばクラブとしても御の字だろう。

良い見本がドイツ1部のシュトゥットガルトに所属する遠藤航選手だ。2019-2020シーズンにベルギーのシントトロイデンから推定150万ユーロ(約1億8,200万円)で完全移籍している。今季のここまでのパフォーマンスを見れば費用対効果は計り知れない。

このように少ない投資で獲得した日本人選手が良い結果をもたらすことが証明されれば、移籍市場であっという間に人気銘柄になることがある。
今シーズンの冬の移籍市場での動向を見ながら日本人選手の評価を編集長の見解でまとめてみた。

 

【目次】

DFの評価が上昇中

MFは試練の中

FWは助っ人として期待外れ

GKは一進一退

若手の海外挑戦とベテラン復活へ

ポジション別評価

 

※続きはこちらからどうぞ!

footballnote.jp