footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

【コラム】W杯ベスト16と五輪ベスト4が日本代表の限界なのか?

サッカー日本代表の試合を観戦していると既に過渡期を迎えたチームにしか見えない。
常連組に加え、新戦力や若手も融合し世代交代を含め、チームとして積み上げてきたものがあるのは間違いないが、大きく飛躍するために殻を破るきっかけみたいなのが全く感じられないのは、代表チーム崩壊の序章は始まっている。

 

東京五輪ベスト4が示す現在地

U-24代表とはいえ、海外組が増えた若手にオーバーエイジ3選手を加え、そう遠くない未来のA代表といっても遜色ないメンバーを揃えていたはずだった。

無観客開催になったとはいえ、ホーム開催の後押しもありグループリーグは、南アフリカ、メキシコ、フランスを相手に3連勝で突破したが、決勝トーナメントに入ってからは内容面で徐々に失速していった。
準決勝でスペインに敗れ、3位決定戦でグループリーグでは勝利していたメキシコに敗れ4位に終わり、最終順位は1位ブラジル、2位スペイン、3位メキシコとなった。
世界から見れば順当な結果であり、自国開催となった日本は波乱を起こせなかったのだ。

東京五輪ベスト4に残った顔ぶれは、ブラジル、スペイン、メキシコ、日本。
2017年に終了したFIFAコンフェデレーションズカップのグループリーグで実現しそうな組み合わせだ。ちなみに2013年にブラジルで開催されたコンフェデ杯にアジア王者で参加した日本だったが、この時のグループリーグの組み合わせがブラジル、イタリア、メキシコ、日本。結果は3連敗で大会を終えた。

あれから8年の月日が流れたが、世界との差は縮まるどころか開く一方だ。
2022年カタールW杯の出場権を獲得出来たとして、ロシア大会に続いて2大会連続でグループリーグ突破を決めただけで、世界から見れば日本代表は1つの歴史を作ったことになるだろう。
仮にカタールW杯でグループリーグを突破し、ベスト16の対戦相手がブラジル、スペイン、メキシコのどこかになったとしたら、私個人の結論からいえば現時点では勝利することは難しいと見ている。

「W杯ベスト16 / 五輪ベスト4」

カテゴリは違えど見えない壁は確かに存在する。
2021年9月現在で、この壁を越えための位置に到達しているとは言い難い。

W杯ベスト16の壁は越えれるのか?

2022カタールW杯アジア最終予選が始まったが、ホームで迎えた初戦にオマーン代表と対戦したが0対1とまさかの敗戦を喫した。
負けたこともそうだが内容が最悪だったので次の中国戦にも不安を残したまま挑むことになった。中国代表には1対0で辛勝はしたが、コンディション回復と連携を取る時間があったから改善されていただけで、試合内容には満足できるものではなかった。

これがW杯でベスト8を目指すチームなのか。
アジア最終予選は難しいことはわかっているが、対策をされると為す術もないのが今の日本代表だ。

日本代表は自国開催となった2002年日韓W杯、2010南アフリカ、2018ロシアの2大会でベスト16までは残ったが、決勝トーナメント1回戦敗退となっている。アジアで圧倒できない限り、欧州や中南米の強豪国を相手に互角以上の試合をすることは不可能だ。

10月にはアウェーでサウジアラビア代表とホームでオーストラリアと対戦する。グループの中ではW杯出場権を争うライバルの位置付けにはなるが、W杯でベスト8を目指すのなら2連勝で勝ち点6が最低条件だ。

↓※続きはコチラから

footballnote.jp