footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表システム総論2022:フォーメーション(3-5-2)

W杯イヤーとなる2022年、カタールW杯は11月21日から12月18日での日程で行われる予定となっている。
ただ、日本代表がW杯出場権を獲得したわけではないので、日本が最終予選で敗退してしまうとW杯イヤーの盛り上がりは皆無に等しいことは容易に予想できる。

なぜこんなネガティブな文章になるのかというと、現在行われているW杯アジア最終予選で日本代表が苦戦しているからだ。
初戦ホームでオマーン戦に敗れてしまい勢いに乗れず、アウェイのサウジアラビア戦ではミスから失点して敗れるなど、一時期は自力突破も危ぶまれた事態に追い込まれていた。

それでもなんとか意地を見せて、2021年11月17日時点で4勝2敗(勝ち点12)とグループ2位に返り咲き、本大会ストレートインを狙える位置まで上がってきた。
2021年1月27日には中国と2月1日にサウジアラビアとホーム2連戦がある。そして3月24日に予定されているアウェイでのオーストラリア戦がカタールW杯出場権をかけた大一番になるだろう。

この3試合は1つも落とせないので、そのために日本代表はどういう戦術を取れば良いのかフォーメーションをテーマに考えてみた。

フォーメーションA【4-2-3-1】

森保体制になってから基本フォーメーションは4-2-3-1のままだった。
2019年のアジア杯で準優勝、W杯アジア2次予選は難なく突破と結果を残してきていたが、最終予選に入った途端、相手チームの対策もあり機能しているとは言えない。

        大迫勇也

  南野拓実  久保建英  伊東純也

     遠藤航    田中碧

長友佑都 冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹

        権田修一

攻撃は1トップの大迫選手にボールが入らないと2列目の選手たちと連動出来ないため、相手はセンターバック2枚で1トップのところに縦パスが入る瞬間に潰しに来ている傾向にある。

そのためサイドを中心に組み立てることになるのだが、伊東選手のスピード、三笘選手のドリブル、この2つのパターンしか相手守備を崩すことが出来なかったのは、チームとして攻撃が機能していないようなもの。最終予選6試合を終えてここまで5得点と得点力不足が露呈しているのはある意味で納得だ。

フォーメーションB【4-3-3】

1勝2敗で迎えた4戦目、ホームで行われたオーストラリア戦、ここで敗れれば大陸間プレーオフも厳しくなる可能性もあった中で従来の4-3-2-1から4-3-3へシステム変更を行った。

        大迫勇也
 南野拓実         伊東純也

    守田英正    田中碧

        遠藤航

長友佑都 冨安健洋 吉田麻也 酒井宏樹

        権田修一

中盤でボールを奪ってからのショートカウンターで、下がらずに前に行けたこと、裏へのスペースを有効に使えた点では良かった。
4-2-3-1の時よりボール保持率は下がるが、堅守速攻を軸にしたことで定評のあった守備はより安定感を増し、スピードのある選手を起用してポストプレーに頼らない攻撃の形を示すことはオーストラリア戦では出来ていた。

11月のベトナムオマーンとのアウェイ2連戦でも4-3-3が継続され守備は安定していたものの、攻撃陣が停滞したため後半から従来の4-2-3-1に戻すなど試行錯誤の中で戦っているように思えた。

↓続きはこちらから

footballnote.jp