footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:カタールW杯アジア最終予選/オーストラリア代表戦マッチレポート

日本は勝てばグループBの2位以上が確定し2022カタールW杯出場権を獲得する。
一方、オーストラリアは勝てば日本を上回り2位に浮上し最終戦に出場権獲得の可能性が出てくるため、日本とオーストラリアにとって大一番となった。

メンバー発表された時から4-2-3-1より4-3-3が濃厚の布陣を想定していた。
怪我で辞退した大迫勇也選手、酒井宏樹選手の代わりに誰を起用するのかに注目していたが、連勝中のチーム状況もあり大きく変えることなく浅野拓磨選手、山根視来選手を序列通りに起用した形となった。

マッチレポート

前半の立ち上がりは悪くなかった。ポストプレイヤーの大迫選手が不在のためいつもの攻撃パターンの1つが使えない中で、相手ディフェンスのウラのスペースへロングボールを入れるプレーは、日本にはフリーランニング出来る浅野選手、伊東純也選手がいたから機能した。

早い時間帯にゴールを決めることは出来なかったが、戦術伊東が定着している代表チームにおいて1トップより3トップで見た時に前線3枚の構成次第では変幻自在の攻撃パターンが形成できる可能性も感じられた。

オーストラリアは日本がトップにボールを当ててきたところを奪うようなディフェンスラインの並びになっていたから、ウラへの対応が後手後手になっていた。
ディフェンスラインが下がることでアタッキングサードのところでスペースが空いたため、オーストラリアの選手同士の距離感が広がったことで、日本のボールの取り所が出来てショートカウンターが仕掛けやすい展開になった。

本来ならこの場面で先制点を奪うことができたら、前半だけで勝負がついていたのかもしれない。南野拓実選手にはリバプールの一員であるなら決定機は決めて欲しかった。

↓続きはこちらから

footballnote.jp

 

登録メンバー

[GK]

1.川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12.権田修一(清水エスパルス)
23.シュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)

[DF]

5.長友佑都(FC東京)
22.吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
19.佐々木翔(サンフレッチェ広島)
3.谷口彰悟(川崎フロンターレ)
16.山根視来(川崎フロンターレ)
2.植田直通(ニーム/フランス2部)
4.板倉滉 (シャルケ/ドイツ2部)
20.中山雄太(ズウォレ/オランダ)

[MF]

8.原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
7.柴崎岳 (レガネス/スペイン2部)
6.遠藤航 (シュトゥットガルト/ドイツ)
10.南野拓実(リバプール/イングランド)
13.守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
14.伊東純也(ゲンク/ベルギー)
21.三笘薫 (サン・ジロワーズ/ベルギー)
15.旗手怜央(セルティック/スコットランド)
17.田中碧 (デュッセルドルフ/ドイツ2部)
11.久保建英(マジョルカ/スペイン)

[FW]

18.浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
9.上田綺世(鹿島アントラーズ)