footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:カタールW杯アジア最終予選/ベトナム代表戦マッチレポート

既にカタールW杯出場権を獲得している日本代表にとって、予選最終戦となったベトナム代表との一戦は消化試合になってしまったが、ここまで固定メンバーで戦ってきた中でこの試合は先発メンバーを大きく入れ替えて来た。

オーストラリア戦後、遠藤航選手と板倉滉選手が所属クラブの要請に伴いコンディション調整のため代表チーム離脱が決定した。ここまでダブルボランチの1角やアンカーとして中盤の守備の要であった遠藤航選手が抜けたことで基本フォーメーションを含めて戦い方がどのように変わるのか注目したい。

マッチレポート

選手に合わせてシステムをはめるのか?
それともシステムに合わせて選手をはめるのか?
90分を通して見極めるには難しい試合だった。

スターティングラインナップを見た時にこれまでの4-3-3より4-2-3-1の方がしっくり来るのではないかと思った。

【予想フォーメーション:4-2-3-1】

        上田綺世

 三笘薫     柴崎岳   久保建英

    旗手怜央     原口元気

中山雄太 谷口彰悟  吉田麻也 山根視来

        川島永嗣

しかし試合が始まって選手の並びを見てみると、オーストラリア戦と同じフォーメーションに、入れ替えたスタメン9人がただ並べただけのように感じた。

【前半フォーメーション:4-3-3】

        上田綺世
 三笘薫           久保建英

    旗手怜央     原口元気

         柴崎岳

中山雄太 谷口彰悟  吉田麻也 山根視来

        川島永嗣

このシステムだと中盤3枚でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けないと機能しないのだが、中盤とディフェンスラインの間を狙われてしまい中盤が機能していたとは言い難い内容。
ドリブルが持ち味の原口選手、パスセンスに優れ司令塔の役割が出来る柴崎選手、ユーティリティさがウリの旗手選手を並べていたが、これはシステムに選手をはめていたことになる。結果として守備は機能していなかった。

↓続きはこちらから

footballnote.jp

 

登録メンバー

[GK]

1.川島永嗣(ストラスブール/フランス)
4.谷晃生 (湘南ベルマーレ)
12.権田修一(清水エスパルス)
23.シュミット・ダニエル(シントトロイデン/ベルギー)

[DF]

5.長友佑都(FC東京)
22.吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
19.佐々木翔(サンフレッチェ広島)
3.谷口彰悟(川崎フロンターレ)
16.山根視来(川崎フロンターレ)
2.植田直通(ニーム/フランス2部)
20.中山雄太(ズウォレ/オランダ)

[MF]

8.原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
7.柴崎岳 (レガネス/スペイン2部)
10.南野拓実(リバプール/イングランド)
13.守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
14.伊東純也(ゲンク/ベルギー)
21.三笘薫 (サン・ジロワーズ/ベルギー)
15.旗手怜央(セルティック/スコットランド)
17.田中碧 (デュッセルドルフ/ドイツ2部)
11.久保建英(マジョルカ/スペイン)

[FW]

18.浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
9.上田綺世(鹿島アントラーズ)
6.林大地 (シントトロイデン/ベルギー)