footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

カタールW杯日本代表メンバー予想:シミュレーション選考を深掘り

カタールW杯組み合わせ決定!日本代表が解決しなければならない課題」にて、W杯本大会登録メンバーのシミュレーション選考を行いましたが、リストの中にはこれまで招集された実績のある選手と私の個人的な見解から何名か注目選手を載せました。

選手選考にはいろんな意見が出るので、これが正解というのはありません。正式に登録メンバーが発表されるまで、どういった選手構成になるのか予想できるのは、W杯開幕までの1つの楽しみと思っていただければ幸いです。

シミュレーション選考解説

GKは権田修一選手、川島永嗣選手の2選手は、これまでの起用内容や経験を含めほぼ当確だと思っています。
シュミット・ダニエル選手はベルギー1部リーグでも守護神としてプレーしているのもあるが197cmの長身も魅力で、ハイボールの処理を含めると正守護神の座を奪う可能性もあるので、現地点では当落線上の△にしています。

ただ谷晃生選手は少し心配している。東京五輪大会では守護神として日本のゴールを守っていましたが、A代表では第3GKの立場から変化がなく、今シーズンは所属クラブが残留圏内に落ちていることもあり当落線上の△としました。

DFはアジア相手ではまだ守備は機能しているので大きく変更することはないと考えます。年齢は数字なのでパフォーマンスを見れば、4バックで行くなら顔ぶれを変える必要はないと判断し自信を持って当確の◎を打ちました。

ただ、冨安健洋選手が怪我の再発を繰り返す負のサイクルに入ってしまっているので、板倉滉選手にはセンターバックボランチのユーティリティを考慮して当確としていましたが、しばらくはセンターバックとしての起用がメインになるかもしれません。

今の日本代表の武器は守備ですが、当確選手を除けば控え組は横一線。アジア最終予選でも試合に出場すればそれなりの結果を残しましたが物足りない部分も多く、スタメン組との差は明らかになりました。

センターバックの1角を争う植田直通選手と谷口彰悟選手で、植田選手には有力の○、谷口選手には当落線上△をつけましたが、決め手は国内組と海外組の経験値の差です。

植田選手はフランス2部リーグでプレーしていますが、速くて強い選手と日頃からやりあっていることは大きなアドバンテージ。フィジカルの強いセンターバックは1枚でも多い方が良いのは、終盤のパワープレー対策として起用しやすいからです。

一方谷口選手もJリーグ屈指のセンターバックの1人ですが、ドイツ、スペインを相手にした時にどこまでやれるか未知数です。板倉選手とはアジア最終予選でコンビを組んだのである程度計算できますが、吉田麻也選手または冨安選手とコンビを組んだ場合にどうなるか現時点ではっきりしないため当落線上の選手という評価にしました。

守備的MFは遠藤航選手、守田英正選手、田中碧選手の3選手は当確の◎で異論は出ないと思います。右サイドの伊東純也選手、左サイドの三笘薫選手も同様で怪我以外で選考外にする理由が見当たりませんでした。

問題なのは控え組です。4-3-3で行くなら遠藤選手、守田選手、田中選手の中から誰か1人でも欠けると機能しなくなる可能性が高く、特に遠藤選手が抜けると守備的に戦うこと自体が厳しくなります。先述した通り、遠藤選手の代わりを務めれそうな選手は板倉選手しか思い浮かびませんでした。

球際で戦えてドリブルで違いが出せる原口元気選手は、所属クラブで右インサイドハーフとしてプレーしているので状況によっては田中選手とレギュラー争いが可能な位置まできているので、対抗の○をつけています。

所属クラブでは主に左インサイドハーフとしてプレーしている旗手怜央選手はユーティリティ性も高いので対抗の○をつけも良かったのですが、代表戦で格段のパフォーマンスをまだ見れていないため保留の意味を含んで当落線上の△にしました。

なお攻撃的MFは現時点では横一線。4-2-3-1か4-3-3によって選手の顔ぶれが大きく変わる可能性があるので当落線上の△にしています。

前回当確が付けれなかったFWですが古橋亨梧選手が一歩リードしたと思っています。怪我には苦しみましたが2021-2022シーズンのリーグ戦で12ゴール、リーグ杯では5ゴール、ヨーロッパリーグで5得点と公式戦で20ゴールと明確な結果を出しました。4-3-3なら3トップの中央で計算できるし、問題はパスの出し手との関係性だけかと思います。

一方、大迫勇也選手は当落線上にまで評価は下がっていると予想します。いくら常連メンバーとはいえ、今シーズンのJリーグで1ゴールでは説得力に欠けますし、調子が上がってこないのも不安要素です。ポストプレーや前線からの守備などゴール以外のプレーでの貢献度を考慮しても今のパフォーマンスは代表でスタメン起用は疑問が残ります。

前回リストを作成した時にMF登録していた選手を何人かFW登録に回せないかと考えるようになりました。例えば4-3-3なら南野拓実選手をFW登録するのはどうでしょうか?

前線からの守備に関しては所属クラブでもやっていることだし、いつも練習している相手はワールドクラスの選手達ばかり。懸念材料を1つ挙げるとすれば、プレー時間をコンスタントに確保できていないこと。ビッグクラブのリバプールだから出場機会を得るだけでも大変ですが、それでも準備を怠らず出番が回って来た時に、ゴールという結果事期待に応えることが出来るのはまさしくストライカー。有力の○を付けていますが、本来なら当確の◎で問題ない選手です。

比較分析

6月に行われる国際親善試合4試合に臨む日本代表メンバー28名が発表されました。

↓続きはコチラから

footballnote.jp