footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

サッカー日本代表:国際親善試合/パラグアイ代表戦マッチレポート(2022年6月2日)

カタールW杯出場権を獲得し、グループリーグで対戦する国もある程度決まって迎える6月の代表戦4試合。ネーションズリーグの関係でヨーロッパの国とマッチメイクできないのは残念ですが、フィナリッシマ(※)2022でアルゼンチンがイタリアを3対0で勝利したように、南米勢との対戦で見えてくるものもあります。

簡単に例を挙げるなら、イタリアの守備をアルゼンチンがどのように攻略していたかを参考にする。日本の守備は南米勢を相手に機能するのか?日本の攻撃はアジア以外ではどこまで通用するのか?などが出てきます。

日本で開催される国際親善試合なので、相手チームのプレー強度がどこ高くなるかわかりませんが、日本代表選手達に求めることは本大会メンバー入りに向けてどこまでアピール出来るかの1つだけです。

※フィナリッシマ[FINALISSIMA]とは?

UEFA(欧州サッカー連盟)とCONMEBOL(南米サッカー連盟)の共催によって新設されたユーロ覇者とコパ・アメリカ覇者が対戦する大会のこと。
フィナリシッシマ2022は、EURO2020を制したイタリア代表とコパ・アメリカ2021を制したアルゼンチン代表の対戦となった。

マッチレポート

4-3-3はどちらかといえば守備的なフォーメーションだが、日本代表はチームとして攻撃的な構成と守備的な構成を準備しているのかもしれない。

中盤3枚の構成がどうなるのか気になっていたが、スタメンで起用されたのは今季ブンデスリーガでコンスタントに出場機会を得ていた原口元気選手、遠藤航選手、鎌田大地選手の3選手だった。初めての組み合わせだったので連携面での不安が感じたが、このレベルになると時間が進むにつれて自然と連携が取れていた。

↓続きはコチラから

footballnote.jp

 

招集メンバー

◆メンバーリスト

▼GK
川島永嗣ストラスブール
権田修一清水エスパルス
シュミット・ダニエル(シントトロイデン)
大迫敬介(サンフレッチェ広島

▼DF
長友佑都(FC東京)
吉田麻也サンプドリア
谷口彰悟川崎フロンターレ
山根視来(川崎フロンターレ
板倉滉 (シャルケ
中山雄太(ズウォレ
冨安健洋(アーセナル
伊藤洋輝(シュトゥットガルト
菅原由勢(AZ)

 

▼MF
原口元気ウニオン・ベルリン
柴崎岳 (レガネス
遠藤航 (シュトゥットガルト
伊東純也(ゲンク)
南野拓実リバプール
守田英正(サンタクララ
鎌田大地(フランクフルト)
三笘薫 (サンジロワーズ)
堂安律 (PSV)
田中碧 (デュッセルドルフ
久保建英マジョルカ

 

▼FW
浅野拓磨ボーフム
古橋亨梧(セルティック
前田大然(セルティック
上田綺世(鹿島アントラーズ