footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

2022カタールW杯を半年後に控えた日本代表の6月シリーズを振り返る

6月に日本代表戦を4試合実施したのはW杯本番に向けてのシミュレーションのつもりだったと思います。仮にグループリーグを突破し決勝トーナメント1回戦まで残ったとすれば、試合に向けたコンディション調整など同じようなスケジュールになるはずです。チームとして長い期間一緒に行動することで発生した問題などピッチ外のことはわかりませんが、ピッチ内での問題は難題ばかりでした。

収穫と課題

4試合を通じて収穫と課題がはっきりしました。

収穫は、W杯優勝候補国と対戦してもスコアレスの展開が続くなら守備はある程度計算できること。ブラジルを相手に引いて守る守備戦術は機能していたので、ドイツ、スペインが相手でも先制点を奪われるまで守備はある程度耐えれると考えます。

課題は、攻撃パターンが決まっていること。全体的に守備に重心を置いているため、どうしても前線に人数をかけれず個の力での突破に頼る場面が目立っています。
また伊東純也選手、三笘薫選手が機能していないと得点には繋がらないことが証明されてしまいました。

攻撃の戦術を各選手の個の力に依存しまっているのはチームとして未熟ではないだろうか。確かに勝負を決める瞬間は個の力によるものが大きいです。
しかしそれはあくまでチームとしての連動が取れていることが前提での話。1対1の場面でも状況的に2対1の場面を作り出して、相手に守る選択肢を増やせば1対1を制する可能性は増えるので、個の力に頼る戦術を貫き通すなら周りの攻撃陣がいかにピッチ内で連動出来るのかにかかっています。

日本対策してきた国は3トップの両翼とアンカーのところを最大限注意していました。現代表のストロングポイントなので警戒されるとわかっていたと思いますが、個の力で突破できないと詰まって後ろへパスする選択しかなかったのは自分たちの無策を露呈しただけです。

次にビルドアップですが、代表活動期間中に改善されることはありませんでした。ワンタッチ、ツータッチとタッチ数を少なくして前線に運んで仕掛ける工夫も欲しかったし、裏のスペースへのフリーランニングや、密集地帯で味方のためにスペースを空ける動きなどチームのために自分を犠牲に出来る選手が前線に少なかったのは選手個人の意識の差ではないだろうか。

特に足元でボールを受けようとする動きしか見れないことが残念で、ボールを受ける瞬間は芝に足を固定されてしまうようなプレーの連続に見えました。足元でパスを受けるにしても、出し手と受け手の関係もイマイチで、受け手側が今立っているポジションでは相手のマークが付きやすいから、少し動いてマークを外して、出し手側に足元へのボールを要求するなど他にもやり方はあったはずです。

日本代表の悪しき伝統の1つに「得点力不足」がありますが、ブラジル、チュニジアとの試合ではホームゲームにも関わらず枠内シュート0に終わる大失態を晒しました。
ピッチでプレーしていた選手にも工夫は欲しかったところですが、選手の特徴を考えず、システムに選手をはめただけのベンチワークが最大の問題点です。交代する選手にしても試合前から決まっていたような采配の連続で試合の流れなど全く意図していないようでした。

スタジアムでの歓声が制限されていたおかげで、ベンチからの指示の声はテレビ視聴中でも聞こえてきました。守備に関する指示は出ていても点を取りに行くための指示が出ていなかったのは、攻撃は選手任せだったということが明らかになった。

このチームでいう積み上げとは常連組による連携の成熟度だと仮定するなら、W杯本大会でのグループリーグ突破は全く期待出来ません。守備戦術は整備されていても攻撃戦術が選手の個人技だけに頼るようでは、グループリーグ無得点で敗退する可能性の方が確率は高いです。

第2回シミュレーション選手選考

※続きはコチラから↓

footballnote.jp