footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

カタールW杯メンバー入りをかけた国内組ラストサバイバル

国内組で構成された日本代表チームだが、2勝1分の勝ち点7でEAFA E-1選手権2022のタイトルを獲得しました。各試合の詳細はマッチレポートに掲載していますが、振り返れば全勝優勝も可能だったと思います。

常連組と国内組を比較

球際の強さやパススピードは常連組の方が上だったと思います。1番の違いは危険察知能力の差でした。危ない場面で体を張っている選手が少なかったのが気になりました。たまたま得点には繋がらなかっただけで対戦相手が強くなればなるほど失点のリスクは高くなります。バイタルエリアでフリーにさせている場面やミドルシュートを簡単に打たせてしまったりと、プレスをかけるのが2歩も3歩も遅かったのは致命的です。

連携面では急造チームを懸念して、同じクラブ(横浜F・マリノスサンフレッチェ広島)の選手をある程度まとめて起用することで補う配慮はあったと思います。年に数回しかない代表活動の中で常連組の軸となっている選手は、それまでの積み上げてきたものがあるので比較材料にするには難しいですが、総合的に見ても連携面での差はそこまで無いと判断しています。

国内組はチームとしての一体感は出来ていましたが、全体的におとなしい印象を受けました。1ランクも2ランクも上を目指すなら、誰が見てもダメだとはっきりわかるプレーに対しては選手同士がピッチ上でぶつかっても良かったのかもしれません。日本の文化的に仕方ない部分もありますが「闘将」と称される選手が見当たらないことに物足りなさを感じています。

アピールに成功した選手

E-1の3試合を個人的な見解から総合的に判断してアピールに成功した3選手をピックアップしました。

↓続きはコチラから

footballnote.jp

今後の日本代表スケジュール(予定)

強化試合(海外遠征)

9月23日:アメリ
9月27日:エクアドル

カタールW杯

◆日本代表スケジュール(試合時間は日本時間)
11月23日22時:ドイツ
11月27日19時:コスタリカ
12月 2日 4時:スペイン