footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

2022カタールW杯:日本代表グループリーグ展望予想

日本はドイツ、コスタリカ、スペインと非常に厳しいグループに入りました。
17日に行われたカナダ代表とのW杯前最後のテストマッチでは、主力不在で怪我から復帰したばかりの選手を中心に起用することになったため調整試合の印象が強かったですが、1対2と逆転負けを喫したことでプレーした選手に少なからず悪いイメージが残っていないかが心配になってます。

初戦のドイツ戦では間違いなくベストメンバーを送り出すと思いますが、ドイツ戦の結果が今大会の日本代表の動向を左右するといっても過言ではないでしょう。

日本がグループリーグを突破するために必要な勝点は「4」という意見が多いですが、この場合グループリーグ2戦目のドイツ対スペインが引き分けに終わることが前提であり、得失点差なども絡んでくるため勝点4では既に自力での突破は絶望的ということです。

私は「グループリーグ突破のためのボーダーラインは勝点5」と考えています。

そのためにはドイツ、スペインから最低でも勝点2を取らなければならない。しかしこの場合だとコスタリカに勝利して勝点3を取ることが絶対条件になりますが、日本がコスタリカに必ず勝てる保証がどこにも見当たらないので、グループリーグ展望予想の結論として日本代表はグループリーグ敗退が濃厚と考えます。

グループEの展開予想

ドイツ戦の結果が今大会の日本代表を左右するといっても過言ではない。というのは、日本代表がW杯に出場した大会においてグループリーグ初戦で敗れた場合は、全てグループリーグ敗退となっているからです。

つまり初戦のドイツには引き分け以上が求められるのですが、日本は前半を1点リードで折り返すことが出来たとしても残り15分で立て続けに失点し、日本はドイツに1対3で敗れると予想します。

スペインとコスタリカの試合でコスタリカがスペインに1対0で勝利して番狂わせが起こります。日本は2戦目で勢いに乗ったコスタリカを相手にしなければなりません。
W杯では流れも重要です。勢いそのままにコスタリカは日本に猛攻を仕掛け前半のうちに先制点を奪います。コスタリカは日本に勝てば決勝トーナメント進出が決まるので絶対に勝ちに来ます。一方日本も負ければグループリーグ敗退が決まるので、まずは同点に追いつくための猛攻を仕掛けます。しかしコスタリカ守備陣を最後まで崩せずに0対1で敗れると予想します。

正直この展開は避けたいところです。もしスペインとコスタリカが初戦で引き分けた場合、日本とコスタリカの一戦も試合内容が大きく変わります。共に落とせない2戦目になるため難しい試合となり、0対0の引き分けで終わると思います。

展開予想をして思ったことはグループE展望のカギを握っているのはスペインです。
初戦のコスタリカ戦の結果次第で波乱の幕開けにもなるし、2戦目のスペイン対ドイツのグループリーグ屈指の好カードであり、世界が注目する一戦になります。スペイン対ドイツの試合は1対1の引き分け、またはスペインが1対0で勝利と予想しています。対戦成績も五分五分なので難しいところですが、直近4試合はスペインの2勝2分と優位に立っているので、勝利する可能性があるのはスペインだと思います。

↓続きはこちらから

footballnote.jp