footballnote’s blog

立間編集長の思索部屋~FOOTBALL NOTE分室~

日本代表:2022カタールW杯グループリーグ/ドイツ戦マッチレポート

カタールW杯、日本代表の初戦の相手はドイツ代表です。
W杯常連の強豪国はグループリーグ初戦にピークを持ってこないので波乱を起こすなら初戦が1番可能性として高いですが、こんな試合展開になるとは予想できませんでした。

マッチレポート

前半からドイツがボールを保持し、15分頃まではドイツの保持率が80%と日本がボールを持っているシーンをほとんど見なかった。

日本がカウンターからゴールネットを揺らすシーンはあったが完璧なオフサイド。試合展開から考えれば千載一遇のチャンスの場面でオフサイドラインを見ていなかった前田大然選手には反省が必要なプレーだった。

前半33分にPKを成功されドイツに先制点を奪われてしまう。結果的にPKになったが、ここに至るまでにドイツの特徴が出ていた。ドイツが片方のサイドに日本の意識を寄せておいて、大きく空いた逆サイドへボールを振って仕留めにいく形から生まれたものだった。

前半は完全にドイツが主導権を握り、1点ビハインドで折り返すことになった日本代表だが、前半の試合展開からあることがふと頭をよぎった。

前半にPKで先制点を許す。前半のうちに追加点を奪われたかと思われたが、VARでオフサイド判定になりゴールは取り消しに。1点ビハインドので前半を折り返す。
これはアルゼンチン対サウジアラビアの一戦でサウジアラビアが逆転勝ちして大金星が生まれた展開に似ているとは思ったが、驚きの後半が待っていた。

後半は4バックから3バックにシステムを変更すると守備が安定し、ゴールキーパー権田修一選手がドイツのシュートを立て続けに4本連続でストップしたところから日本に流れが傾く。このプレーもあってこの試合のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に権田選手が選ばれている。

後半30分、途中出場の南野拓実選手のセンタリングをドイツのゴールキーパーノイアー選手が弾くも弾いた先にいた堂安選手が左足で同点ゴールを決める。
さらに後半38分、板倉滉選手のロングパスを浅野拓磨選手がトラップすると、ドリブルでペナルティエリア内に侵入し角度のないところから右足で逆転ゴールを決める。

展開予想でも勝負所は後半30分以降になると記載していましたが、予想の段階では消耗した日本のディフェンス陣が崩れることを想定していた。しかし実際に勝負を決めたのは途中出場した日本の攻撃陣だった。

このマッチレポートを書いている時も、日本がワールドカップでドイツに勝利したことが信じられない気持ちです。

↓続きはコチラから

footballnote.jp